なんでもメモ!

iPhoneアプリや趣味のこと いちど苦労して調べたことを忘れないようにする文字通りな「なんでもメモ」  お役にたてたら幸いです

Twitter、facebook、LINEのキャッシュクリア アプリで実装

こんにちは。

このブログではよく登場しているiPhoneの空き容量の確保についてです。

f:id:dmaiden:20170829033607j:plain

FacebookTwitter、LINEでアプリの機能としてキャッシュファイルの削除機能が実装されていますので、今回はそのご紹介。

各アプリに溜め込まれているいるキャッシュファイルを削除することによって、かなりの空き容量を確保できる可能性があります。

 

sbapp.net

紹介されているのはいつもお世話になっている「SBAPP http://sbapp.net/」さんです。

自分のつたない紹介方法よりも、画像付きで詳しくインストレーションが解説されているのでこちらを参照してください。

↑ <とりあえず今回のキャッシュファイル削除方法についてはここまで> ↑

 

ヒマな人、この後もお付き合いください。

アプリに溜め込まれたキャッシュファイルによってデータ容量が膨らんでいる場合、TwitterfacebookInstagramGoogleフォトについては一旦アプリ削除して取り直す方法がいちばん手っ取り早いですが「ほんとうになんにもなくならないか不安。。。」と踏み切れない人もいるようです。

(※アプリ削除は退会するのではなく、iPhoneからアプリ削除してApp Storeから取り直す)(LINEはトーク履歴が消えるらしいです

これらのアプリって基本は運営会社のサーバーに蓄積されているデータを各個人の端末に読み込んで見ているだけなので、アプリ削除したからといってデータがなくなるなんてことはあり得ないです。だからスマホでもPCでもその他のデバイス(例えはiPad)なんかでも見られるのです。

まあ、これを言っても、「そういう関係の話を聞かされてもチンプンカンプンで分からない!」「とりあえず消えないか。消えてしまったら大変だから不安!!」という寸法ですね。

分かります。これは自分でも理解のない方面の話をうんたらかんたら言われても、そもそも理解できないですから...(笑)

なので今回のように、アプリにキャッシュの削除機能が実装されたのは便利ですね。

参考までに今まで、これらに関連した記事をリンクしておきます。

新しいもの順です。

 

<記事要約>

iOS10.3へのアップデートでファイルシステムが変更されました。

これによってかなりのデータ量が節約できる可能性があります

nandemomemo.hatenablog.jp

 

<記事要約>

 サファリのキャッシュが膨らんでいる場合、これを削除することによって空き容量を確保できます。

nandemomemo.hatenablog.jp

 

<記事要約>

アプリごと削除する方法はここで説明しています

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 ちなみにiOSのアップデートに関しても、”インターフェースが変わってしまっているのがイヤ”などの理由で古いOSを使い続ける人がけっこういるようですが、個人的にあまりいいことはないように思います。

最新のマイナーアップデートを早急にしないという慎重論は分かるのですが、インターフェースや個々の機能など、よほどのことがない限り、過去のものが復活することはまずありません。

なので、慣れてしまうほうが得策と言えます。古いものはセキュリティー上の問題もありますしね。

iOS10.3はマイナーアップデートでありながら、メジャーアップデート並みのファイルシステムの変更という大きなアップデートだったので、まだ行っていない人はアップデートしておいた方がいいでしょう。僕のiPhoneもこのアップデートで2Gの空き容量が確保できました。

アップデート時にiPhoneの空き容量が1Gを切っていたりする場合、「アップデートに必要な容量が足りません」といった警告が表示される可能性があります。

こういう場合にも一時的な空き容量確保のために、一旦TwitterfacebookInstagramGoogleフォトなどのアプリを削除するのは使える手です。

 

 

Yahoo!天気 アップデートできないバグ

自分のiOSYahoo!天気が2017/5/08日のアップデートで、アップデートできない現象が発生しました。

 

Yahoo!天気

Yahoo!天気

  • Yahoo Japan Corp.
  • 天気
  • 無料

 

まる2日間様子見していたのに新しい修正アップデートも来ないので、アプリを削除してから取り直しを行っていたら、今度はアプリの再ダウンロードが完了しないという最悪な状態に...(-。-;

って状況になっていたのですが、たまたま行った策で解決しました。

今回のアップデートでの障害報告はアプリセンターで数例の書き込みがあったのみなので、ほんとにごく一部に限られた現象のようですが、僕が試した回避策はどこにも見当たらないようなので、書いておこうと思います。

【環境】

【状況】

  • アップデート中にYahoo!天気のみアップデートが完了しない
  • 「設定」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理(ストレージ)」→「Yahoo!天気」→「Appを削除」
  • 削除したにも関わらず、ホーム画面にYahoo!天気のアイコン残骸が残る
  • App StoreYahoo!天気を取り直してもインストールが途中で止まる
  • Yahoo!天気アプリは使用不能

【解決策】

1.ホーム画面でアイコン「✖」プルプル状態にする

2.Yahoo!天気アイコンの残骸を消去

3.App StoreYahoo!天気を取り直し

以上の手順で最新のバージョンで復活!

 

疑問なのが、なぜ「設定」のほうからアプリ削除したらホーム画面上に、妙なアイコン残骸が残ってしまったかということ。残骸ができる前に、何度もアップデートのやり直しを試して途中で止まってしまう現象との因果関係もよく分からない。(´・ω・)

最初からホーム画面上でアプリ削除すれば起こらなかった現象なのか?って言っても普通はアップデート前にアプリ削除なんて手順は踏まないから想像もつかないよね...

謎が謎を呼ぶ現象ですな

とりあえず、アップデートができない状況になった場合はこれを試してみてください。

 

フリクションVSユニボールR:E@消せるボールペン

お題「お気に入りの文房具」

 

消せるボールペンとして世界中でヒット継続中のモンスター商品"パイロット フリクション"
発売当初から使ってます。

 

nandemomemo.hatenablog.jp

ただ、上の記事で書いたように、若干の不満もあったわけで、そこをパイロットが改良、または超えるものを作ってくれるメーカーがないかな...と思ってたら。

 

最近発売された”uni-ball R:E"

f:id:dmaiden:20170412123259j:image

消しゴム部分に透明キャップ付き

ついに、三菱鉛筆フリクションと同じコンセプトで作ってくれました!

uni-ball R:E。ディズニーとのコラボ柄もあるけど、標準タイプの0.5㎜は1本180円

フリクションはマーカータイプから0.7㎜、0.5㎜、0.38㎜、えんぴつetc、種類豊富だけど、標準タイプともいえる”フリクション ボールノック0.7㎜、0.5㎜が1本230円。

uni-ball R:Eが50円安い! 何本も買うとなると50円の差は大きい。

書いてみると0.5㎜uni-ball R:Eのほうが好感触。好感触というのは単に書き心地、紙当たりだけでなく、書き出しからインクがしっかり出てくれる。フリクションは細くなるにつれて、書き出しが”かすれ”てくるものが多い。

「ついにフリクション超えたの出たー!」そう思いながら4色購入。

しかし、使っているうちにあることに気が付く。

uni-ball R:Eは紙質によっては、かなり色戻りする。消したての時にはめちゃくちゃ消し心地がいいし、綺麗に消えている。でも時間とともにジワーっと戻ってくる。

f:id:dmaiden:20170412112734j:image

9日の数字の周りに○入れてる部分

ふだん使っているツバメノートやRODIAのメモパッドではそんなに気になるほどではないけど、カレンダーは明らかに気になる。つっても、このカレンダーは決して安価な紙質ではないんだけどな... けっこうツルッとしてるし。

紙表面の滑らかさでいうと、ツバメ>カレンダー>RODIAかな

カレンダーだけ、これほど露骨に戻ってくる理由が分からない...

f:id:dmaiden:20170412115635j:image

 f:id:dmaiden:20170412115645j:image

RODIAのメモパッド

まあ、ほとんど分からないレベルだけど、目の前でしっかり見るとユニボールの色戻りが確認できる。

f:id:dmaiden:20170412115925j:image

f:id:dmaiden:20170412115930j:image

ツバメノートはいちばん紙質が滑らか
そのせいか、一見、綺麗に消えているけど

f:id:dmaiden:20170412115950j:image

やっぱりユニボールは色戻りしてくる

ちなみにuni-ball R:Eで書いたものは、色戻りした部分を、もう一度消してみたら、その一瞬は綺麗に消えてくれる。でも全く同じように後戻りしてくる。もう6回は試してみた。

カレンダーはいつも目の前に置いているし、見た目綺麗にしておきたい。とりあえずカレンダー書きのペンとしては、残念ながらuni-ball R:Eは脱落...

ということで、カレンダー書き用には細書きのフリクション0.38㎜の5色セットを新たに購入。
当分、フリクションの座を奪うものはないのかな。

なんだけど、一応uni-ball R:Eの良いところや、個人的な主観を。

<良いところ>

  1. 消しゴムのキャップが付いている
  2. ノック式である。消しゴム部分をノックするノック式だけど、逆さにするとノックできない。つまり、消しゴムで消す時にはしっかり固定されている

自分はあまり思わなかったけど、フリクションで、この二つをイヤだと思っていた人は少なくないんじゃないかな。

そのフリクションの弱点を突いて克服したのはお見事。

さらなる改良で三菱鉛筆がんばれ!!

iOS10.3 アプデ完了@効果と今後注意したいこと

こんにちは(^-^)

まず、今回の記事の見出し。

iOS10.3快適動作中
アップデート後のストレージ容量2G増
『設定』に今後注意すべき重要な項目登場

 4月4日にバグ修正版の10.3.1が出ました

iPhone6へのiOS10.3のアップデートは躊躇せず行いました。もう一週目になりますが、使用して特に気になることは起こっていません。

それよりも個人的には、ひっそりとあることを期待しながらアプデを行なったのが、その期待が的中!d(^_^o) 期待通りの結果となりました。

期待していた事というのは、iPhoneストレージの空き容量。なんだかんだと言って空き容量が1Gをわずかに切っていたので、いろんな策を講じてたのが、

 

nandemomemo.hatenablog.jp

nandemomemo.hatenablog.jp

nandemomemo.hatenablog.jp

 

最近のアプリはアプデの度に平気で大きなデータを積んでくるので、ちょっと困っていました...

ファイルフォーマットが新しくなるという、今回のアップデートでひょっとすると、従来ファイルフォーマットの余計なゴミ等が一掃されたりするのでは...?という、素人予想をしながらアプデを試みたら。

結果的には約2G分空きました!(個人の使用状況にも拠ると思いますが)

 

〈アップデート前〉

f:id:dmaiden:20170508011221j:image     

 

〈アップデート後〉

 f:id:dmaiden:20170404164746p:image

 

使用済み』9.15G 『使用可能』3G 合計で12.15G

えっ、16Gストレージなのに12G!? と思われる人もいると思います。ですが、ユーザーの使用領域は購入直後でもこんなもんです。確か。

3Gくらい空きがあると結構余裕でます。1G切った状態の時ではサファリの閲覧中に固まったり、なんてことが結構起こっていましたが、それ以降はありません。

10.3へのアップデートはお奨めです。

 

そして、この後また重要なことが続きます。

それは今回の10.3のアップデートから『設定』のなかに追加された、『APP互換性』という項目。

『設定』→『一般』→『情報』→『App』→『APP互換性』

次のメジャーアップデートになるiOS11では、完全64ビット化へ移行となり、それに対応していないアプリは使用できなくなります。

APP互換性では、アプリ制作者が何らかの対応をしなければ、今後使えなくなりますよ!という警告です。

f:id:dmaiden:20170404164148p:image

自分のiPhoneのなかにもありました。しかも、かなーり重要なものが。

パスワード管理アプリ。これ使えなくなったら最悪!!

さっそく、紙の秘密ノート(笑)に書き出し作業を行ってます。

 

もうずいぶん前から更新されてなかったので、いつかはこんな日が...とは思っていたけど、今までありがとうございました。無料でリスト無制限、シンプルな操作でとても使いやすかったのに残念...

この項目に、使用している重要なアプリが無いか要チェック。

あれば確実に動作する代替えアプリを探す必要アリですね。

 

ちなみに、アップデート前の空き容量が1Gを切っていたためアップデート前にはFacebookTwitterInstagramのアプリを削除して、空き容量の余裕を持たせた上でアップデートを行なっています。アップデート完了後に再インストールして元通り。

 

iOS10.3は大変革!新しいファイルフォーマットへ

今月中に発表が予定されているiOS10.3。

単にマイナーアップデートのような雰囲気ですが、中身的にはメジャーアップデート相当(以上!?)の大きな変更が行われます。

アップルが1998年から使用を続けていたファイルフォーマットが20年ぶりに変更されるからです。

 

詳しいことはSBAPPさんの記事を参照してもらって

sbapp.net

 手順が画像付きで分かりやすく解説されています。

 

バックアップは必ず取っておきましょう!

普段iCloudでバックアップを行っている人も、今回だけはPCのiTunesで「iPhoneのバックアップを暗号化」でPCに丸ごとのバックアップを作成する方法を使ってバックアップを行っておくことをおすすめします。iCloudでは完全バックアップはできませんのでご注意!

ファイルフォーマットが変更されるという大変革なので、何らかのトラプルが起こる可能性が予想されます。面倒だと思っても、何か起こった時にはバックアップがあれば、中身の損失は防げます。

 横着して防げなかった人の経験談(笑)

nandemomemo.hatenablog.jp

3月中に何らかの新商品も出るとの噂がありますが、そちらはどうでしょうね?

iPhoneSEが出たのは3月だったですね。

f:id:dmaiden:20170827204812j:plain

ブックマーク迷子からの卒業

今週のお題「卒業」

 

f:id:dmaiden:20170827211313j:plain

ブックマーク迷子になったことはありませんか?

えっと、あの記事のブックマークってどこにあったかな?

なんて探して、探して...  えーい!どこにあんねん! 

てなこと、一度や二度、いやいや、それ以上にあるのでは? 

 

ブックマークの整理法。まず、誰でもやるであろうまとめ方は。

『スポーツ』『グルメ』『ニュース』『音楽』『映画』『PC』『カメラ』『エロ』(笑)などなど 

 

こういう見出しフォルダの整理の仕方。

でもこういうやり方は多趣味であったり、情報のアンテナが広い人になると、延々とブックマークの”見出し”フォルダが増えていってたいへん。

デメリットは

  • 見出しを探すのに時間がかかる
  • スマホ画面で見出しをスクロールして探すハメになる
  • どの見出しに何を格納しているのか忘れる
  • そもそもブックマークしたのかも確認しにくい
  • 重複するものが増えていく。例えば、「デジカメの画像編集」のブックマークを『カメラ』に入れたのか『PC』に入れたのか分からなくなる。そういうことが起こるから、念のため両方にブックマークするなんてめんどくさいことをする。

どれも地味にストレスなものだけど、その地味なストレスが複合して絡んでくると、かなりのストレスというより、めちゃめちゃストレスになる。

ほとんどメリットがない状態。

 

そこで考えたのが『使用頻度別』見出し

『毎日』『よく使う』『気になった』『一時保管』『その他』

 

のような整理法。

もちろん、自分にとってマストなカテゴリー、例えば、『グルメ』だったり『ダンス』など、個別のカテゴリーのほうがいい、と思うものはそのまま残しておいてOK。

『毎日』毎日見ると決まっているものとか、非常に使用頻度が高いもの。

『よく使う』毎日は見ないけど、毎日の次に使用頻度が高いグループ。

『気になった』頻繁には使わないけど、役立つ記事とか残しておきたいもの。

『一時保管』はどこにカテゴライズするか悩むけど、「とりあえずブックマーク」しておこうと思ったもの。

『その他』は一軍落ちというか、ほとんど見ないけど、削除してしまうのは...と思うもの。

というような、使用頻度を主軸にしてブックマークを整理する。

 

自分がこのブックマーク見出しを考えたとき、ひとつのフォルダのなかにブックマークが溢れて迷子になるかな...という懸念はあった。

でも実際にやってみると、その心配はまったくの杞憂だった。

使用頻度別ブックマークのメリットは

  • 見た目すっきりする(これかなり重要)
  • アクセスが早い
  • どこに入れたか?いやブックマークした?という迷いが起きない
  • 自分の日常行動に即したものになっていって便利

 

とにかく、迷わないし、直感的に操作できる。

これに尽きる。

 

ブックマークする時の工夫というか、コツを解説すると『一時保管』の使い方がミソ。

どこに入れるか...とか迷った際は、必ずここに放り込む。そうしておくと、「ひょっとしてブックマークし忘れた?」ということは無くなる。外出先とか、慌ただしい中でブックマークしようと思った時にタイミングを逸することも少なくなる。

どこに入れようか?と思うこと自体が後々探す時の迷いの原因にもなるので、迷ったら『一時保管』に入れておく。使用頻度が上がるようなら頻度に応じた見出しのフォルダに入れ直せばいいし、使わなければ放置しておいても問題無い。使用頻度の高いものと混ざることも無いから、普段よく見るブックマークのアクセスがいっそう快適。

基本はこのやり方であとは各自のアレンジ次第。

是非お試しあれ。

そんなのとっくの昔からやってるわ!という方ごめんなさい(笑)

 

インスタグラムのマルチビジネス勧誘と『# 』ハッシュタグの関係

こんにちは。

『# 』ハッシュタグハッシュタグを征する者がインスタグラムを征する」なんて記事を見たんたけど、征してどうすんの?(笑)

 

f:id:dmaiden:20170827205332j:plain

 

一応説明すると『# 』ハッシュタグとは、#神戸 とか #星空 とか、ハッシュタグの後ろに続けたキーワードで同じ分類の写真が検索できる機能のこと。

言わば写真のインデックスだ。

 

自分も結構活用してる。同じ趣味を持ってる人と繋がりたいとか、そういう気持ちで。単純に同じ理由でやっている人も多いと思う。

 

それが最近ではハッシュタグだらけの投稿はウザいと思われる大きな要因となっている。

現象はインスタに限らず、facebookや他のSNSでも同じ傾向にある。実はハッシュタグを使っている自分でも思うところがあった。

 

例えば

#○○ #○○○ #○○ #○○○○ #○○ #○○○ #○○ #○○ #○○ #○○○ #○○ #○○○○ #○○ #○○○ #○○ #○○ #○○ #○○○ #○○ #○○○○ #○○ #○○○ #○○ #○○ #○○ #○○○ #○○ #○○○○ #○○ #○○○ #○○ #○○ #○○#○○ #○○○ #○○ #○○○○ #○○ #○○○ #○○ #○○ #○○ #○○○ #○○ #○○○○ #○○ #○○○ #○○ 

のような投稿。こういうハッシュタグだらけの投稿が多い人にかなりの率で共通していることを挙げてみると

 

  1. やたらとフォロー数が多い
  2. マルチ勧誘やステマっぽい人が多い。あるいは気付かずにそういう人の餌食になりかけている人
  3. facebookにおいてはアカウント乗っ取り目的の悪質ユーザーを招く危険性がある。あるいはそういう悪意ある張本人である。

 

ハッシュタグがウザがられる現象は、ユーザー自身がこういう事に肌感覚で気付いてきた結果だと思う。

明らかにマルチっぽい人は笑えるほど特徴が似ている。ハッシュタグに加えてプロフィールに「のんびり気ままな暮らし」「リゾートライフで充実」「○○だった私が起業家に」みたいなキーワードが複数絡めばマルチ確定。

マルチ率120%。さらにここから不労所得なんていうキーワードが出てくればマルチ率1000%に一気に上昇。

 

ある意味分かりやす過ぎてありがたい。

 

💝💝💛💚💙🏳️‍🌈🇺🇸🇧🇸🇯🇵🇹🇩🇸🇪💖💖💛💚💙💝💝のような、やたらとデコデコなアイキャッチを入れているのもよく見るパターン。

 

リゾート地の綺麗な玄人肌の写真(出所はお察しください...)に混ざって、高層ビルのラウンジで友達とお酒飲んだり、豪華な食事を囲んだりしている写真が点在。

分かりやすさに加えて、発想が貧困だな...とある意味哀愁すら感じる。

 

もう少し上級者になるとプロフィールではあえて何も語らず、URLのリンクのみ。リンク先はお察しください...  

写真にもハッシュタグは無し。

 

こうなると言葉で説明がない分、写真に説明的なカットが増えていく傾向がある。

 

ホテルの会議室のなかで高そうなスーツを着た男女が満面の笑み。気持ち悪い写真だね...  

ソファーにやや斜め掛けしてドヤ顔。ゴッドファザーのテーマ曲が流れてきそう... 

高級時計のクローズアップ。ああそうですか...お高いですか... 

飛行機や新幹線のグリーン車で移動中の自撮り。他にやること無かったのか... 

 

などなど、すごいでんなあ! がんばってまんなあ!というカットがてんこ盛り。

どれも妙に取って付けた感が強くて現実味が薄い。

 

こうして見ていると、ある類似点が浮かんだ。

 

結局、ネットのマルチ勧誘におけるハッシュタグ使いの初級者と上級者は、ネットを使わない従来の勧誘方法の関係に似ている。

 

初級者は友人・知人を失わんばかりの勢いでがっついてくる。

だが上級者になるとあえて自分からビジネスを語らない。

何気に質の高そうな生活を髣髴とさせたり、妙に運気やチャンス、素晴らしい友人に恵まれたエピソードを各種持っている。

 

「お金に不自由はしてなさそうだけど、何をやってる人なんだろう」と相手に興味を引かせる。

初心者は「押し」てしまうが、上級者になると「引き」になる。

 

これがインスタビジネスにおいてのハッシュタグの使い方の塩梅にも通じる。

しかし、こういうこと考えていたら投稿の時にハッシュタグひとつ打つのに考えてしまうね。

ネットビジネスを効率的に真面目にやろうと考えている人にとっても迷惑な話だ。

 

以前、自分のインスタで明らかにマルチ勧誘ユーザーからフォローされたけど、報告機能を使って「スパムである」の該当報告を入れたら、「ご報告に従って当該ユーザーを調査したところ、運営規定に違反していると認められたためアカウント削除させて頂きました」と数日後にインスタグラムの運営から報告が届いた。

 

ネットのSEO対策を謳う業者とGoogleのような検索大手が日々攻防を繰り広げているのと同じで、SNSにおいてのマルチ勧誘やステマは無くならないし、むしろ増殖していくだろう。

これからの『# 』ハッシュタグに注目していきたい。