読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもメモ!

iPhoneアプリや趣味のこと いちど苦労して調べたことを忘れないようにする文字通りな「なんでもメモ」  お役にたてたら幸いです

iOS9アップデート

この日が来ました! iOS9アップデート!

 
自分のiPhone6をiOS9にアップデートしたよ(^_^)
 
多くの人が心配しているであろう部分の結論を言うと、動作が遅くなるということは一切なかった
 
アプリ関係でも自分が使っているものはほとんど支障がないし、支障があったものでも数時間後にアップデートデータがきて解決済み
 
インストールに必要な容量は1Gということだったけど、これはインストール時に一時的に必要な空き容量のことを言っているようで、僕のiPhone6(16G)アップデート前には使用可能容量が4.7Gだったのがアップデート終了後には4.5Gとわずか0.2Gを消費した程度
 
 
見た目変わったところや、いいところ、悪いところなどを箇条書きしてみると
 
いいところ
  • 「メモ」が手書き対応したのとカメラアクセスができて画像の保存もできる
  • フリック入力の反応がかなり早くなった 以前と比べると指で触れる前に反応していると感じるくらいの体感差がある
  • 「省電力モード」の実装
  • 自分では試してないけどSiriの反応が40%あがったらしい
 
〇「メモ」アプリ
今わかっている範囲で個人的に「これはいい!」って思ったのはiPhoneの「メモ」アプリがかなり進化してること
 
手書きにも対応したのと、カメラアクセスもできて画像が残せる
個々のメモの中身の編集方法も「番号付きリスト」や「箇条書き」等に編集できる
コレはかなりいいかなと思う

ここまでよくなると、どうせならリマインダーもメモアプリと統合させて、さらに使い勝手をよくさせたらサードパーティーのリマインダーやリストアプリはよほどのコアヘビーユーザー向けにしかいらなくなるんじゃないかと思う
次回のiOs10でさらに期待かな
 
ホントに早くなった。この記事はiPhoneから書いているけどフリック入力の反応がかなり早くなっているのが実感できる
 
 〇「省電力モード」
「設定」のなかに「バッテリー」という項目ができて、このなかに「省電力モード」が登場
省電力モードをONにすればiPhoneが完全に充電されるまでの間はバックグラウンド更新やビジュアルエフェクトなど電力を消費する機能が削減されるかオフになるそう
 
この機能は自分ではOFFにしていたけどバッテリーが20%切った時点で「省電力モード」「通常」と選択するポップアップ画面が出てきた
 
「バッテリー少なくなったけど、充電できないしモバイルバッテリーも持ってないから不安だなぁ...」って時の救世主モードか
 
今までなら機内モードで省電力モードの代用してた人が多かっただろうけど、機内モードだと圏外になるからかかってくる電話が取れないっていう不便さが解消された
 
〇Siri
まだ使ってないのでそのうち追記


微妙なところ
  • ホームボタンのダブルタップで表示される使用アプリ一覧の表示が重なったオーバーレイ表示になった
これは慣れの問題かもしれないけど... 慣れたらこっちのほうがいいかなと思うのかな...  
正直、今の段階では分からない
 
 
ホーム画面での変化
 
ホーム画面の見た目はほぼ変わらずホーム画面上に新しくできたアイコンは「iCloud Drive」「Find iPhone」「友達を探す」の3つ
 
  • iCloud Drive」は開いてみるとiCloudの中身のフォルダが見え、そこからアクセスできるようになっている
  • 「Find iPhone」は今までにもあった"iPhoneを探す"が"設定"からではなくホームのショートカットとして出てきただけのよう
  • 「友達を探す」はどっかの出会い系アプリみたいで怪しいww雰囲気だけど、通知機能をONにしておけばiCloudに保存している連絡先の相手(相手も通知がONであれば)が地図上で通知されるみたい
    これは後々いろんな波紋を呼びそうなアプリだと思うw 
 
あるところではiPhoneよりもiPadのためのアップデートとか書かれてるところもあったけど、これから使ってもっと検証していこう
 
いや、でも、フリック入力のレスポンスがホントによろしいです。
 
ついつい書きすぎた


iPad使ってる人はゴリミーさんの記事が詳しいよ もちろんiPhoneも!