なんでもメモ!

iPhoneアプリや趣味のこと いちど苦労して調べたことを忘れないようにする文字通りな「なんでもメモ」  お役にたてたら幸いです

Safariのデータサイズが大きくなったら@iPhone空き容量確保

iPhoneの空き容量が少なくなったと思ってアプリごとのデータサイズを確認してみたらSafariの容量が妙に大きくなっていました。

アプリごとのデータサイズを確認するには

「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→(ストレージ)の「ストレージを管理」

で出てきます。

Safariが400MB(0.4G)を越えてました。

 

キャッシュが溜まってんだな、と思って「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」を実行してもほとんど変わらない!

でもキャッシュをクリアしたサファリが400MB越えなんてあり得ない...

どうなってるんだろ... と考えていたら。

 

リーディングリストのキャッシュである可能性を思いつきました。

リーディングリストのキャッシュクリアは「履歴とWebサイトデータを消去」とは別のところにあって

「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→(ストレージ)の「ストレージを管理」→「Safari」→「リーディングリスト」と出てきます。

 

 f:id:dmaiden:20160325211056p:image

 

この画面まできたら右上の「編集」をタッチ

すると「リーディングリスト」の先頭に赤丸マークがでてくるので、これにタッチすると右側に「削除」と出てきます。この削除をタッチするとキャッシュ削除完了。

予想どおりリーディングリストのキャッシュでした。

キャッシュクリア後のSafariは5.8MBまでダイエットできました。

400MB(0.4G)→5.8MB

 

実はこのリーディングリストのキャッシュについては過去記事で書いてあったのですが「履歴とWebサイトデータを消去」のほうはまめに行っていて、ここ最近はリーディングリストにほとんど記事を追加していなかったので一瞬忘れてました。

 

以上Safariのダイエット編でした。

 

 TwitterFacebookのダイエット編はこち

nandemomemo.hatenablog.jp