なんでもメモ!

iPhoneアプリや趣味のこと いちど苦労して調べたことを忘れないようにする文字通りな「なんでもメモ」  お役にたてたら幸いです

フリクションVSユニボールR:E@消せるボールペン

お題「お気に入りの文房具」

 

消せるボールペンとして世界中でヒット継続中のモンスター商品"パイロット フリクション"
発売当初から使ってます。

 

nandemomemo.hatenablog.jp

ただ、上の記事で書いたように、若干の不満もあったわけで、そこをパイロットが改良、または超えるものを作ってくれるメーカーがないかな...と思ってたら。

 

最近発売された”uni-ball R:E"

f:id:dmaiden:20170412123259j:image

消しゴム部分に透明キャップ付き

ついに、三菱鉛筆フリクションと同じコンセプトで作ってくれました!

uni-ball R:E。ディズニーとのコラボ柄もあるけど、標準タイプの0.5㎜は1本180円

フリクションはマーカータイプから0.7㎜、0.5㎜、0.38㎜、えんぴつetc、種類豊富だけど、標準タイプともいえる”フリクション ボールノック0.7㎜、0.5㎜が1本230円。

uni-ball R:Eが50円安い! 何本も買うとなると50円の差は大きい。

書いてみると0.5㎜uni-ball R:Eのほうが好感触。好感触というのは単に書き心地、紙当たりだけでなく、書き出しからインクがしっかり出てくれる。フリクションは細くなるにつれて、書き出しが”かすれ”てくるものが多い。

「ついにフリクション超えたの出たー!」そう思いながら4色購入。

しかし、使っているうちにあることに気が付く。

uni-ball R:Eは紙質によっては、かなり色戻りする。消したての時にはめちゃくちゃ消し心地がいいし、綺麗に消えている。でも時間とともにジワーっと戻ってくる。

f:id:dmaiden:20170412112734j:image

9日の数字の周りに○入れてる部分

ふだん使っているツバメノートやRODIAのメモパッドではそんなに気になるほどではないけど、カレンダーは明らかに気になる。つっても、このカレンダーは決して安価な紙質ではないんだけどな... けっこうツルッとしてるし。

紙表面の滑らかさでいうと、ツバメ>カレンダー>RODIAかな

カレンダーだけ、これほど露骨に戻ってくる理由が分からない...

f:id:dmaiden:20170412115635j:image

 f:id:dmaiden:20170412115645j:image

RODIAのメモパッド

まあ、ほとんど分からないレベルだけど、目の前でしっかり見るとユニボールの色戻りが確認できる。

f:id:dmaiden:20170412115925j:image

f:id:dmaiden:20170412115930j:image

ツバメノートはいちばん紙質が滑らか
そのせいか、一見、綺麗に消えているけど

f:id:dmaiden:20170412115950j:image

やっぱりユニボールは色戻りしてくる

ちなみにuni-ball R:Eで書いたものは、色戻りした部分を、もう一度消してみたら、その一瞬は綺麗に消えてくれる。でも全く同じように後戻りしてくる。もう6回は試してみた。

カレンダーはいつも目の前に置いているし、見た目綺麗にしておきたい。とりあえずカレンダー書きのペンとしては、残念ながらuni-ball R:Eは脱落...

ということで、カレンダー書き用には細書きのフリクション0.38㎜の5色セットを新たに購入。
当分、フリクションの座を奪うものはないのかな。

なんだけど、一応uni-ball R:Eの良いところや、個人的な主観を。

<良いところ>

  1. 消しゴムのキャップが付いている
  2. ノック式である。消しゴム部分をノックするノック式だけど、逆さにするとノックできない。つまり、消しゴムで消す時にはしっかり固定されている

自分はあまり思わなかったけど、フリクションで、この二つをイヤだと思っていた人は少なくないんじゃないかな。

そのフリクションの弱点を突いて克服したのはお見事。

さらなる改良で三菱鉛筆がんばれ!!