なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

クラウド利用の自爆フラグ@同期設定したら注意

こんにちは。

 

クラウドって便利ですね。

出先のパソコンやスマホからでもちょいちょいとドキュメントを取り出して作業したり、メール添付したり、本当にあるとないとでは仕事のスピードにも影響が出ます。

 

そんな便利なクラウドですが、利用方法次第では思わぬ落とし穴・自爆フラグに陥ります。

 

f:id:dmaiden:20181027170829j:plain

 

そんなわけで今回はクラウド利用の際、気を付けなければいけないことを書いてみたいと思います。

 

 

今回、自分が自爆フラグになったというか、現実に自爆してしまったんですが。。

それは『ファイルの同期』です。

 

まず、結論から

クラウドとPCのデータを同期する設定にすると、クラウドからでもPCからでもファイルやフォルダを一方から削除すると、結果としてPC・クラウドの両方から消えます。

同じ状態に保つ同期なんだからそうなりますよね。

 

「そんなん当たり前やろ!」ってツッコミ入れられそうですが、自分も思い過ごしと、ついウッカリでやってしまいました。

 

《実例エピソード》

ちょっとパソコンが不安定な状態になってきたなと感じていたので、パソコンのリカバリーを実行しました。

リカバリー完了後にユーザー情報などを入力していく手順があるのですが(購入して初めて起動するときと同じです)、そこで「OneDriveを利用します」みたいな選択確認が表示されます。

ここで「利用する」を選択すると、OneDriveのデフォルトではユーザーフォルダのほとんどを同期する設定になっています。

 

これまでの自分のクラウドの使い方って、ファイルやフォルダを同期する使い方ではなく、例えば、ドキュメントなら特定のテンプレみたいな、自分が必要とするものだけを選んでクラウドに保存する利用法だったのです。

同期設定はしていませんでした。

 

ここから自爆フラグが立ちます。

 

 

ところが、マイクロソフトとしてはOneDriveを「利用する」=「同期する」なんですね。

自分のこれまでの使い方の認識と違っていたんです。

 

リカバリー終了後にバックアップを取っていたデータをパソコンのフォルダに移していたのですが、そうしているうちに「OneDriveの容量がいっぱいです!」とポップアップが表示されました。

 

「いまOneDriveなんか何もいじってないのに。。」

と思いながらOneDriveを見に行くと、PCのユーザーフォルダに移していったデータが続々とOneDriveにも読み込まれていたのです。

 

「ありゃ~。。同期しなくていいのに同期されてる」

 

ここまで来たらもう自爆確定(笑)

 

「めんどくさいな~」と思いながらOneDriveにはなくてもいいと思うものを片っ端から削除し始めました。

 

ゴミ箱に入ったものも「ディスク圧迫するから即削除!」(笑)

 

そうやってまたPCのドキュメントフォルダを見てみると「あれっ?」直後に「ハッ!!」と自爆確認。

 

同期設定になっているからOneDriveから消したものは、PCからも消えていきます。

逆も然り。

 

結果として自爆はしたんですが、データは外付けハードディスクにバックアップしていたものをコピーしていったものなので、バックアップの元データはちゃんと残っていたんですけどね。

 

一瞬ヒヤッとしました。(^^;)

 

僕のようにクラウドを同期設定しないで使っている人は、リカバリーや新しいパソコン購入のきっかけで環境が変わったときに気を付けてください。

 

特にバックアップをクラウド保存で十分と考えて外部メディアの保存まで行っていない人は、僕と同じことをやってしまった場合に後がないので十分気を付けてください。

 

そしてやっぱり、バックアップって大切ですよ!

 

何回かこの手の記事を書いていますが、ホントにバックアップは大切です。

こうして考えてみたら、データを失うきっかけって、ハードやソフトの故障・不具合からよりも、人為的な罠のほうが多かったりしますね。

 

なにがなんでもバックアップ。

腐ってもバックアップ。

 

周辺機器メーカーの回し者ではありませんが。

 

 

《同期設定での利用法でも注意!》

ネットでチラホラと見た情報なんですが、同期設定で利用している場合に、同期されない不具合がたまに起こるようです。

 

その解決策としていったんOneDriveを空にして、もう一度中身を入れ直すという作業を説明された、あるいはネットで見たというのがあります。

この作業においても注意しなければいけないのは、いったん同期の設定を解除しなければ上で説明したのと同じ状況になります。

 

同期設定のままでも、OneDriveの中身をコピーしてからスムーズにペーストを行えればいいのですが、その手順中にウッカリや不意に再起動なんかしたら死亡ですからね。

 

 

 Windowsアップデートでユーザーファイルが全消去される不具合

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 ハードウェアの不具合でPCのデータを全て失った例

nandemomemo.hatenablog.jp

  

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp