なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

OneDriveは従来のクラウドイメージとは異なる環境@ドライブ階層でイメージを理解するべし!

こんにちは。

 

iCloudDropboxGoogleドライブ etc いろいろと存在するクラウドストレージですが、そのなかでもOneDriveはかなり特殊な環境のクラウドです。

特にWindows10のパソコンにおいてはパソコン購入後に行う初期設定でOneDriveの環境設定が自動で行われます。

 

パソコン購入後の初期設定に注意!「OneDriveを使用しますか?」で「はい」を選択した場合は

 

Windows10パソコン購入後の初期設定のチュートリアルで「OneDriveを使用しますか?」と尋ねてくる場面があります。

そこで「はい」を選択した場合はパソコンのユーザーフォルダがOneDriveの中身に置き換わる特殊な環境が作られます。

《Cドライブ > OneDrive > ユーザーフォルダ(ドキュメント、ピクチャなど)》

このようにです。

 

今から順を追って説明していくわけですが、まずこの環境をよく理解しておかなければ従来のクラウドのイメージと同じ感覚でOneDriveを使っているとファイル消失などの思わぬ自爆行為を招きます。

実は自分もこれまで間違って解釈していた部分があり、Microsoftサポートに問い合わせた際に初めてその間違いに気が付きました。

あらためてWeb上の情報を見ていると、このOneDriveの環境に関してはむしろ正しい情報のほうが少ないとも思えるほどです。 

 

Windows10のパソコンでは最初の環境設定に注意する

さて、いちばん肝心な部分で繰り返しになるのですが、パソコンは購入後の初回起動時にチュートリアル形式で初期設定を行う場面があります。

これ以降に説明することはWindows10のパソコンの初期設定で「OneDriveを使用しますか?」に「はい」を選択した場合を想定したことになっています。

参考までに「いいえ」を選択した場合のOneDriveは従来のクラウドと同じようなイメージで使用することができます。

 

パソコンのユーザーフォルダはOneDriveの中身を見ている

「はい」(OneDriveを使う)を選択した場合

 

そうなんです。タイトルの通りパソコンのユーザーフォルダはOneDriveの中身になっているのです。

 

【ワンポイントアドバイス

OneDriveはパソコンのCドライブ直下に作られた階層になっている。 

Cドライブ > OneDrive > ユーザーフォルダ(ドキュメント、ピクチャなど)となっていることを理解する 

 

《通常のクラウドイメージ》

f:id:dmaiden:20191116145016p:plain

 

これはごく一般的なクラウドのイメージです。 

ところがOneDriveでは根本からイメージが違っていて。

 

《OneDriveのイメージ》

f:id:dmaiden:20191220133643p:plain
ユーザーフォルダはOneDriveの中身になっている Cドライブ > OneDrive > ユーザーフォルダ

f:id:dmaiden:20191220142551p:plain

ユーザーフォルダはパソコンのドライブではなく実はOneDriveの中にある!

 

エクスプローラーの階層で見ると明らかなのですが、パソコンには《Cドライブ > OneDrive > ユーザーフォルダ》というふうに、ユーザーフォルダがOneDriveの中に取り込まれている環境が作られています。

一般的にはユーザーフォルダは自分のパソコンの中にあるはずだと当然のように思うのですが、この環境ではそうなっていないのです。

 

分かりやすく言うと、この環境下ではユーザーフォルダはパソコンの中にあるのではなくOneDriveの中にあるということ。

 

ここで「?」という人もいるでしょう。

そうなんです。言葉と図で説明しても従来のクラウドのイメージが染みついている人にはなかなか正確なイメージがつかめないのです。

 

「じゃあCドライブ直下のOneDriveって何なの?」

ここを説明します。

 

Cドライブ直下にあるOneDriveのユーザーフォルダの中身はイメージファイルなのです。

データの実態はないけど「こういうフォルダやファイルがありますよ」というイメージを見せてくれているものです。

例えて言うなら、本の中身までは見えないけど背表紙のタイトルだけ見えているようなものです。

そのおかげでイメージファイルのデータサイズは元データよりは小さなものになっています。

 

ところがここで注意してもらいたいのは、パソコンのCドライブ直下にあるOneDriveはイメージファイルであっても下の図の通り、2つはまったく同一のものです。

f:id:dmaiden:20191220142551p:plain

なので、パソコンのCドライブ直下のOneDrive(ユーザーフォルダ)からファイルを削除すると削除したファイルはどこにも残りません。

ユーザーフォルダの中身はOneDriveの中身そのものになっているからです。

この部分をもっと分かりやすい例えでいうと、ネットバンキングの取引を想像してみてください。

パソコンは取引の通帳を兼ねた操作端末でOneDriveは実際にお金(データ)のある金庫です。

端末を操作すると金庫の中身は操作したとおりの結果になるという理屈と同じですね。

 

「パソコンの中のユーザーフォルダ」と「OneDriveの中にあるユーザーフォルダ」という別の箱が存在するわけではなく、パソコンで見ているユーザーフォルダもOneDriveそのものということ。

それがCドライブ > OneDrive > ユーザーフォルダ(イメージファイル)の状態。

パソコンのユーザーフォルダはOneDriveと同期されているのではなくOneDriveそのものなのです。

 

ここまで理解して頂けたでしょうか?

 

 【結論】ユーザーフォルダはOneDriveの中にしか存在しない

 

まとめてみると 

  • ユーザーフォルダはパソコンのなかにあるのではない。OneDriveのなかにあると心得よ。
  • ユーザーフォルダはパソコンとOneDriveの2つの箱があるわけではなく、同期されているのでもない。OneDriveの中にのみ存在する。

 

結論としてはとてもシンプルなことですが、この結論をいきなり言ってもたいていの人は「は?」となると思うのです。

それは今までのクラウドのイメージでは自分のパソコンとクラウドと2つの保管スペースがあるという固定概念があるためなのです。

 

 

Web上の情報では、このイメージが理解できていないため様々な独自解釈で同期不具合やファイル消失問題を指摘している記事がありますが、どれも思い違いによるものが多いです。

 

自分もこの部分についてはMicrosoftサポートの画面共有で自分の画面に絵を書いて説明してもらってようやく理解できました。

 

おそらくですが、Microsoftがこういう仕様にしたのはパソコンの設定などが苦手な人にも最初からOneDriveを使えるように、言い換えると強制的にOneDriveを使うようにしたせいだと思われます。

でも従来のクラウドのイメージを持っている人からすると、正直言って非常に迷惑な仕様の気がします。

 

 

迅速なデータアクセスと容量節約のバランスをとる『ファイルオンデマンド』

 

これまで説明してきたようにパソコンのCドライブ直下のOneDriveはイメージデータとなっているのですがイメージファイルのみだと通信環境がないとファイルをダウンロードできないので見られないという事が起こります。

 

そこを解決するのが『ファイルオンデマンド』です。

 

 f:id:dmaiden:20191114140511j:plain

 

「必要な時だけダウンロードする」か「常にPCに置いておく」かを選択するのが『ファイルオンデマンド』なのです。

これまで説明してきたOneDriveのイメージがつかめていると以下のサイトの説明も理解しやすいはずだと思います。

 

詳細はMicrosoft公式サイトで

support.office.com

 

さらに詳しい説明は

www.atmarkit.co.jp