なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

Googleマップの位置表示におちゃめな車アイコン追加

お題「最近気になったニュース」

こんにちは。

 

 

つい先日アップデートされたiOSGoogleマップ(V4.5)より、車でのナビ画面で自車位置を「セダン」「SUV」「ピックアップトラック」の3種類から選択できるようになりました。

 

f:id:dmaiden:20180525074414p:image  f:id:dmaiden:20180525074501p:image

 

選択方法は従来の矢印の自車位置アイコンをタップすると画面下から選択画面がポップアップします。

f:id:dmaiden:20180525074437p:image

 

自動車アイコンを選択すると車がポコポコと動いてるように表示されるのがかわいいです。

 

けっこうお茶目な雰囲気になりますよ!

 

 

 

もうひとつブログ書いてます!

osaka-bar-event.hateblo.jp

ワールド オブ ダンス@Dlifeチャンネル

こんにちは。

 

BS Dlifeチャンネルでいま熱い番組

 

ワールド オブ ダンス』 

    月曜・夜8:00〜9:00

 

dlife.disney.co.jp

 

世界中から集まったアマチュア・プロ含めたダンス界の猛者達が集まってダンスバトルを繰り広げます。

ジャンルに捉われないダンスバトルが魅力なんですよね。

審査員はジェニファー・ロペス、NE-YO、デレク・ハフ

 

個人的に注目している出場者がジュニア部門から出場しているダイアナ・ポンボ。

この子、まだ11歳と小さいのに表現力がスゴイんです!

驚異的な柔軟性とその体の柔らかさを活かしてムチのようにしなる体と手足が躍動感をさらに増してます。

踊っているときの目も違うし、ステージに上がった時点で既にオーラが出てます。

 

ひょっとして優勝するかもと思って応援してるんですが、現在6まで撮りだめしている5・6はまだ見てないんですよね。

2次予選は通過してたみたいですけど。

 

ホントにジャンルを超えたダンスバトルでダンスに興味がない人でも楽しめると思います。

 

エンターテイメント性は抜群!

 

 

で、そもそもDlifeチャンネルって認知度が極端ですね。

無料で開局5年目(永年無料です)なのに「え、なにそれ?」「初めて聞いた」って人がいまだに多いんですよ。

 

僕なんか映画・音楽・テレビドラマ含めて日本の番組はニュースかドキュメンタリーしか見ないので、テレビはほとんどDlife一択です。

 

見忘れた!録画し忘れた!ってことがあってもスマホで見逃し配信を見られるので便利だし、外出時の暇つぶしにも最高。

 

ディズニーが運営しているのでもちろんディズニー関係も充実してます。 

 

スマホアプリ

Dlife(ディーライフ)

Dlife(ディーライフ)

  • The Walt Disney Company (Japan) Ltd
  • エンターテインメント
  • 無料

 

dlife.disney.co.jp

 

レンタル店では借りてみる気にならなかったけどDlifeの放映でお気に入りになったものなんかもあるので、きっかけとしていろんなもの見てみるのにもってこいですよ。

 

現在放映中でまさにそのパターンだったのが「ナイト・マネジャー

スパイものだけどドンパチものじゃなくて心理サスペンス的なやつですね。

 

あの「メンタリスト」のシーズン4も現在放映中で、「ボーンズ」のファイナルシーズンももうすぐ始まりますよ。

 

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします!

osaka-bar-event.hateblo.jp

MSオフィスのナゾ機能@ワード「読み上げる」

こんにちは。

 

MSオフィスのワードを使っている際に『なんだこれ?!』って機能を見つけました。

f:id:dmaiden:20180519062526p:plain

「うなづける」と打っていて「うなづける」とカナ送りに下線が表示されていました。

 

これはもうずっと以前からお馴染みのオートコレクト機能ですよね。

 

このオートコレクトの下線を右クリックすると、オートコレクトの内容が表示されます。

 

旧仮名遣い うなず

「僕が打ったカナは「うなづ」だけど「うなず」だよと言ってるんですね。

これも分かってます。

 

しかし、上のスクショのとおりなんですが、右側に表示されている「読み上げる」をクリックすると。

 

きゅうかりなけんいうなず

 

と読み上げました。(笑)

 

「えっ!?」と、最初は何言ってるか分からなかったです。

PCがバグってるのかな??と思いながらもう一度クリック。

 

きゅうかりなけんいうなず

 

まだ分からないけど最初に『きゅう』と言っているのはなんとなく分かる。

でもその後がまったく予想外の言葉にしか聞こえない。

 

6回目くらいでようやく理解できました。

 

『(旧)きゅう(仮名)かりな(遣い)けんい うなず』

 

だったのです。

 

 

これ、いったい誰のためのどういう目的の機能なの??(;´・ω・)

 

例えばユーザーが入力した部分を読み上げ間違うってのはアリというか仕方ないとしても、MSがオートコレクトに設定している『旧仮名遣い』ってメニューを読み上げ間違うのはダメでしょう。。。

 

さっぱり意味が分からないし機能として死んでるよね。

 

まさか自分のPCだけ狂ってるんじゃないよね?

 

誰か事情知ってる人教えてください。

 

MSオフィスのサイトでアクセシビリティー周辺のヘルプを見てみたけど、それらしいことに触れたQ&Aが見つからなかったです。

 

不可解であります。

 

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします!

osaka-bar-event.hateblo.jp

サントリーのフレーバービールを飲んでみた

お題「好きなビール」

 

こんにちは。

 

今回はユル〜い感じで、ちょっとしたマイブームになった飲み物について。

 

今年の4月1日の酒税法改正からいわゆる「混ぜものビール」が解禁されました。

 

 

ビール党としては(昔ほどでもないですが。。)これは飲んでみないと!ということで、とりあえずコンビニで並んでいたものを買ってみました!

 

海の向こうのビアレシピ

f:id:dmaiden:20180515044650j:plain

 

f:id:dmaiden:20180515044658j:plain

 

なかなかイケてました!

 

僕はオレンジピールのほうが好きです!

こっちのほうがスッキリ、キリっとしてました。

といってもカシスのほうも悪かったわけじゃないけど。

 

飲む前はどっちもチューハイ的な甘さを想像してたのが、まったくそういう甘さはナシ。

普通にビールの延長線上で飲めます。

 

昔、輸入食材店なんかでミントビールとか試してみた時は「飲めるかこんなもん!!」って感じで、フレーバービールをおいしいと思ったことは一度もなかったけど、これはいちど試してみるべきだと思います。

 

そういや、このあいだ京都の二条城に行ったとき、お土産売り場で「抹茶ビール」をサーバーで提供してたけど、あれもサントリーだったと思う。

抹茶の色したビールだったけど、どんな味するのか気になるな。。

車だから飲めなかった。。

 

こんど京都に乗り鉄撮り鉄ツアーするときに寄ってみようかな。

 

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします!

osaka-bar-event.hateblo.jp

《携帯》総務省が「長期縛り」見直しや違約金解消などを要求

お題「最近気になったニュース」

 

こんにちは。

 

今までにも何度か登場した「携帯の縛り」について、総務省が「2年縛りの見直しや、違約金解消などを6月以降に同省の指針に反映させるというニュースが入ってきました。

 

f:id:dmaiden:20180508043738j:plain

 

詳しくは以下の毎日新聞の記事へ

毎日新聞より

mainichi.jp

 

同じく毎日新聞の記事で上のよりも前の記事なんですが。

mainichi.jp

 

上の記事を読んでたら、なんだかな~っていうか大手携帯キャリアって「もうアホか!」「詐欺と変わらんやろ!」ってな寸法ですね。

 

僕がここでガタガタ言わなくても利用者はみんな同じこと思っているでしょうが、なんにでも潮時ってあるよね。

 

 

大手メディアでは書きにくいと思うけど、やっぱりインフラ事業で毎月の定額収入のある企業は堅いし銀行からの融資格付けも高いから、そういうところから守られてるってのが問題が本質的に是正されない本丸的な要素としてあると思う。

 

ちなみに最近、フォトショップなどのアドビ製品が月額980円とかで機能制限のないフルスペック&常時最新アップデートverで利用できるようになっています。

突然、激安路線に走ったかのように見えなくもないですが、そうではありません。

カッチリとした月額収入のある方が銀行からの融資格付けのメリットがあることに気が付いてきたからでしょう。

 

企業目線で考えた時、今までウン万で販売していたソフトを月額980円だと会社は元取るのに時間かかるし損じゃね!?って疑問が湧く人もいると思いますが、実はそういうことなんです。

 

仕事で必然に迫られて使う人以外にも利用者の裾野は広がるし、長期安定的に見るとそっちの方がはるかにいい結果となります。

 

 

まあ、そんなネタはおいといて、とにかく大手携帯キャリアは利用者をバカにしたような料金プランや詐欺まがいはいい加減やめてもらいたいですよね。

 

 

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします!

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

Googleマップの便利な操作《高速・一般道切り替え》

こんにちは。

 

今回のお話はGoogleマップの操作に関して。

 

「それ普通に使ってたで!」という人もいると思います。

僕はずっと「この操作が出来たらいいのにな〜」と思いながら発見できなかったので書いておこうと思います。

 

その機能はナビ案内中の『高速・一般道』の案内切り替え

 

実はこれまで案内中に高速・一般道の変更をしようと思った時には、いったんナビを「終了」にしてから

f:id:dmaiden:20180421114931j:image

 

この画面に戻って、右上隅の「横3つ点ボタン」から「経路オプション」→「高速道路を使用しない」にチェック、再び「開始」でナビ再開というふうにしていました。

 

この一連の手順が煩わしいので、もっと簡単に少ない手順で『高速・一般道』切り替えが出来たらいいのにと考えていたんです。

 

それができたのです。。

 

ナビ案内中の下の引き出し画面から

f:id:dmaiden:20180421114445j:image   

 

引き出すとこの画面になります

f:id:dmaiden:20180421172644p:image

↑「設定」をタップ

 

するとこの画面

f:id:dmaiden:20180421114512j:image

 

ここの「経路オプション」で任意の設定を行う

これだけ。

 

今まで6回(一旦ナビ終了→メニュー→経路オプション→高速ON・OFF→地図に戻る→ナビ再開)のステップを踏んでいたのが3回(引き出しメニュー→「設定」→高速ON・OFF)のステップで半分の手順で済むようになりました。

 

下の引き出しメニューに気が付かず、ずっと他のメニュー画面とか探し続けてたのが盲点でした。。

 

 

Googleマップは予告なしでも、かなり頻繁にいろんな変更が施されてるようですが、ユーザー目線でどんどん使いやすくなっているところが素晴らしいと思います。

 

ただ、不満をひとつ言うと、あまりにも裏道案内しすぎ(笑)

 

幹線道路優先の案内を加えてほしいですね。

 

 

トリビアですがGoogleマップでこんなもの発見しました。

f:id:dmaiden:20180421175623p:image

梅田のビル屋上のぴちょんくんが、ちゃんと案内に出ていました(笑)

 

『大ぴちょんくん

 

f:id:dmaiden:20180421180022p:image

 

「24時間営業」(笑)

まあ、ずっとネオン付いてるもんね。

 

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします!

osaka-bar-event.hateblo.jp

 

公正取引委員会が「スマホ4年縛り」の調査開始

お題「最近気になったニュース」

 

公正取引委員会が4月13日に「スマホ4年縛り」の調査を「意見交換会」という形から開始しました。

 

f:id:dmaiden:20180414183828j:plain

 

ざっとした経過や大手携帯キャリアの”言い分”など、うまくまとめている記事がコレ。

 

news.yahoo.co.jp

 

筆者の山本一郎氏が最後の結びで表現している「不思議な契約書」はずっと昔から日本の保険業界がやってきました。

 

参考としてこれを見てください。

 

www.kagua.biz

 

要するに通信キャリアの料金罠っていうのはコレの応用です。

 

「安くなる」とかいろいろ言ってコロコロと料金プラン名などを変えて期待感を持たせるけど、後から思わぬ何かに制約が付く。

でもそれは最初に説明されないし、実際に当人がその時、その状況に直面しなければ理解もしにくい。

通信キャリアもこの方法を真似してるだけ。

 

最近の保険業界ではユーザー目線で分かりやすい保険商品が増えて、そういう商品は人気もあります。

 

でも実は保険業界ではユーザーの不満をフィードバックしてシンプルな商品を打ち出したわけではなく、外資系企業の参入によって旧態依然の保険商品ではユーザーの囲い込みを続けることが不可能になったからというのが実態です。

 

通信キャリアは過去の保険業界のような旧態依然へ逆行しているわけです。

やっぱり日本って大きな外圧がないと変わらない国なのかなという気がします。

今回の調査ではどこまでメスが入るのでしょうか?

 

上の記事中の引用リンクのなかでは特に下にリンクした次の記事が秀逸。

 

「実質半額」とかいう文言は”半額にならない落とし穴”がたくさん存在することや、2年後のクレームを想定した規約など狡猾な実態がよく理解できます。

 

ura-softbank.hatenablog.com

 

《関連過去記事》

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 

こちらのブログもよろしくお願いします!

osaka-bar-event.hateblo.jp