なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

定番マウスとマウスパッド@ロジクールM705とSteelSeriesマウスパッド

今週のお題「新生活おすすめグッズ」

 

こんにちは。

 

ちょっと前に新しいマウスとマウスパッドを購入しました。

 

ロジクールの超定番M-705シリーズのブラックバージョン「SE-M705」

 

f:id:dmaiden:20190414210459j:plain

 

というか2009年以来のロングセラーになるM-705は発売当初のものは使っていたんですよ。

当時は1万円でおつりがくるくらいの価格だったけど、現在は4600円ほどで販売されています。

 

 

M705の話に入る前に以前ご紹介したこのマウス。(必要ない人は読み飛ばしてください)

nandemomemo.hatenablog.jp

 

Microsoft Sculpt Comfort Mouseに関してー
大きさがあっても高さを抑えた平べったい形というのは初めてだったんですが、どうもこの形が自分には合ってなかったようで。。

それからこれは自分のAmazonレビューでも更新しているのですが、作りがあまりよろしくないようです。

 

当初、ホイールの回転動作に非常にムラがあったり、クリックが硬かったり(どちらも後に不良と判明)というのがあったのですが、問題のない交換品を使用して9カ月ほどでクリック操作に問題が発生。

 

電池交換は本体の裏側からではなくクリック操作する表面のパネルをゴッソリと外す作りなので、そういう設計がクリック操作の不良につながっているんではないかと。

 

ー再びM705ー

やっぱり定番品は安心できる!

 

購入したのは量販店では流通していない「SE-M705」

2018年仕様の「M705m」のブラックバージョンになっています。

M705mは従来のカラーを継承するグレーですが、個人的にはブラックのSE-M705が気に入ってます。

 

f:id:dmaiden:20190414210743j:plain

どちらもAmazon価格では差がありません。

色のお好みで選べばいいでしょう。

 

ただし、「SE-M705」「M705m」以外の型番はそれ以前の発売製品になるので購入の際は気を付けてください。

※おそらくこの先に2019年仕様も発売になる可能性がありますが、型番のほかにも発売開始年度を確認してください。

 

レビューはそこらじゅうにあふれていると思うけど、初めての人のためにざっくりと要点だけまとめると。

 

  1. 2段階調節で超高速スクロールも可能なホイール
  2. 2つのサイドボタンで操作カスタマイズ可能
  3. 3年間の電池寿命
  4. レーザーセンサーを超えるアドバンスオプティカルセンサー
  5. 手になじむ「匠」の快適形状
  6. 小型のUSBセンサー(今はどれもそうだけど)

 

こんな感じですが、個人的には1と5が今まで使ってきたマウスのなかで断トツの優位性を感じます。

手の馴染みとホイールフリーにしたときの慣性でグリーーーン!と回り続けるホイール操作は抜群。

アプリのパラメータを操作する際に行ったり来たりするのもこのホイール操作に慣れたら後戻りできないです。

 

f:id:dmaiden:20190414210852j:plain

ホイールの後ろにあるボタン(写真ではホイールの右)でホイールのフリーとラチェットを切り替え。

写っているサイド内側部分はラバー貼り

 

10年前の初期型を使い始めた時も同じ印象でしたが、10年を経ても印象が変わらないのはいかに優れているかという証明でしょう。

初期型の仕様とは変わっているところはいろいろあるのですが、基本的に実用上問題となるところは感じないですね。

 

 

ーマウスパッドはあったほうがいいー

これまでマウスパッドは使わない派だったんですが、画像編集で細かなエリア指定する時などに「ん~。。。」ってことがあったので、やっぱりパッドがあったほうが反応が精細になるのかな?と思い、これまでも時折いろいろ物色してきました。

 

「反応高精細!」を唱っている有名な周辺機器メーカーのものまで使用しましたが実際に反応が変化するということはありませんでした。

 

そうやって諦めていたところで新たな情報を入手。

SteelSeries』というマウスパッドが非常にいいらしいと。

 

f:id:dmaiden:20190414211515j:plain

SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005
 

このマウスパッド、ゲーマーの間では非常に有名で人気が高いそうなんです。

 

布製で滑らかにマウスが走る。

裏はゴム加工されているのでパッドが滑ってしまうことがない。

 

反応に関しても今まで苦労していた操作が簡単にできました。

アプリケーション上で画像サイズの縮尺をマウス操作で行う場合、いちばん細かい設定数値まで簡単にマウスで操作できました。(外出用のMicrosoftモバイルマウスでも確認)

 

ただ上で説明した自分の操作法は特殊なので(笑)一般的なユーザーがどれほど恩恵が。。というのはあるかもしれないです。

 

自分的にはいい買い物したと満足してます。

 

サイズはいろいろあって写真に映ってるタイプので952円と非常にお手頃。 

これならダメもとで気軽に試せるでしょ。

 

フチにステッチが入ってさらに上質な布素材を使用した「Limited」もあり。

値段は上がるけど上級志向の人はどうぞ!(笑)

 

ということで定番品、人気のある品にはやはり理由があるということを改めて感じた今回の買い物でした。

 

 

  左がブラック 右がグレー 

 

 

 左がQcK mini  右がLimited

 

 このブログ『なんでもメモ!』は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp

お弁当は冷たいままでも大丈夫?

こんにちは。

 

僕は基本的に冷めた食べ物が好きじゃなくて、温かいものしか食べたくない。

(もともと冷たいものは除く)

お金出して食べるのにおばんざいとか有り難がるのが信じられません。

 

「贅沢だね!」とか言われるけど、それの何が贅沢なのか分からない。(笑)

 

なのでコンビニの弁当とかはまず温めて食べたいんだけど。

 

以前、職場の同僚がコンビニのお弁当を食べる時、レンジがあるのに温めないで食べていた。

 

自分からすると信じられない光景だったので

「なんで温めないの?」

 

と聞くと

 

『漬物が温まるのが許せない』

 

ということ。

 

自分にとってはお漬物なんて付いていても、いなくてもどうでもいいような存在だったので、そんなことを気にして冷たいご飯とおかずを食べている人がいたのが衝撃だった。

 

でも、後から聞いてみると同じような人が結構たくさんいたことにまた驚いたんだけど。。

 

 

f:id:dmaiden:20190410001813j:plain

 

レトルトカレーのエピソードー

レトルトのカレーでも衝撃事実を目の当たりにしたことがあった。

 

レンジでチンするご飯でレトルトカレーを食べようとしている友人が、ご飯をチンした後、ご飯の上にそのままルーをかけていた。(夏に出てくる冷やしカレーじゃないよ)

 

「えっ。。。」と驚愕して固まっていると。

 

『ん、ご飯かカレーかどっちかが暖かかったらOKだよ』

 

と平然とした顔で言ってた。(笑)

 

自分には発想すらなかったことなのでホントに衝撃だった。

 

そんな話題をとあるバーで話していると、

 

「ああ、僕もそうだよ。わざわざ両方とも温めるの面倒だもん」

「湯煎する時間と手間が面倒」

「カレーとルーの両方アツアツだったら美味しくない!」(これは確かに)

 

とか、出るわ出るわ衝撃の嵐!

 

でもいちばん究極だったのが

「腹減ってご飯もなかったとき、常温のままルーだけスプーンですくって食ったよ」

 

上には上がいすぎるもんですね。。

 

 

ー番外編ー

高校生のとき、両親が離婚してすぐにお父さんの再婚相手の義母と暮らすことになった友人がいた。

 

「タカシちゃんは朝ごはんは何食べるのが好き?」

と聞かれ、

「納豆とご飯が好き」

 

と答えた翌朝。

 

食卓に用意されていたのは茶碗によそった冷やご飯と納豆。。

 

ここで話を聞いているみんなの顔が不穏に曇る。

 

「いや、新しいお母さん子供の頃からパン食の人で、納豆を一度も食べたこと無い人やったから冷や飯と納豆があかん組み合わせって分からんかったんやて」

 

そこでみんな安堵。

 

ちなみに僕、ビシソワーズスープは好きだけどね。(笑)

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp

これ上以上Dropbox にデバイスをリンクできません@解決策

こんにちは。

 

Dropboxからこんな通知メールが来ました。

 

f:id:dmaiden:20190412133612j:plain

 

これ以上 Dropbox にデバイスをリンクできません

 

ちなみに自分はBASICプラン(無料プラン)で利用しています。

 

「えっ!有料にしないと使えなくなるの?」なんて驚く前にリンクしているデバイスを確認してください。

 

通知メールの内容を要約すると

無料プランで使えるデバイスの数(パソコン・スマホなど)は3台までです。これ以上のデバイスをリンクするには有料プランにアップグレードしてください。 アップデートはこちら。 

 

 

2019年の3月にベーシックプランの使用台数が3台までに変更されたので、それ以前に4台以上のデバイスをリンクしていたユーザーには同じ通知が届いていると思います。

 

 

 

―実際はこんな例が多いのではー

無料利用できる他のアプリでも同じような制限がありますが 、実際に個人利用でそんなに多数のデバイスでリンクしている人は少ないでしょう。

 

たいていはパソコンやスマホを買い替えたけど、使わなくなった古いデバイスをそのまま認識してしまっているせいです。

古いデバイスはリンクを解除してください。

 

バイスリンクの確認・解除の方法はこちら。

help.dropbox.com

 

ーパソコンをリカバリーした場合には別のデバイスと認識されるー

パソコンをリカバリーしてパソコンのデバイス名(DESKTOP-〇〇〇〇〇〇〇みたいなの)が変わった場合でも違うデバイスとして認識するので現在のPCのデバイス名でないものは削除します。

 

<参照>パソコンのデバイス名の確認方法

画面左下隅のWindowsマークの上で右クリック(あるいはキーボードの「Windowsキー」+「X」)でメニュー表示→システム→表示されたページの「デバイスの仕様」の先頭にある「デバイス名」

 

 

<参照>↓公式が矛盾ある表現してて誤解を生むけど。。

アカウントにリンクできるデバイス数に制限はありますか? – Dropbox ヘルプ

Dropbox公式では「まで」「以上」「以下」の言葉の使用定義を間違えていて誤解を生む表現です。

公式サイトでは「ベーシックプランの使用台数は3台まで3台以上リンクするには有料プランを~」となっています。。)

 

ーひと口メモ!ー

「~まで」「~以上」「~以下」はその数字を含む

「3台まで」「31日まで」=3台を含む 31日を含む

「3台以上」=3台を含む

 

 

☆★関連記事☆★

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp

閉じてしまったタブを復活@Googleクローム

こんにちは。

 

Web閲覧の最中に残しておきたいタブをうっかり閉じてしまった。

そんなことは誰でも経験あるでしょう。

 

f:id:dmaiden:20190410011915j:plain

 

そんなウッカリをしても気にすることはありません。

 

Googleロームなら『Ctrl+Shift+T』で復活します。

 

直前に閉じたタブのみでなく、繰り返し操作することによって順にタブが復活していくようになっています。

ブラウザを閉じてしまった場合でも、もういちどクロームを立ち上げて「Ctrl+Shift+T」で過去のタブが復活するし、パソコンの再起動後でも有効と、かなり使える便利技。

 

 

ついでに『Ctrl+Tab』では開いているタブを左から右に順送りで表示。

マウスがない場合には便利です。

 

 

ぜひ活用してください。


 

☆★関連記事☆★ 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp

家電店の裏話など@店員さんもたいへん

こんにちは。

 

ガジェット大好きなので家電店にはあちこちに出没しています。

そこでいろんなことを目撃したり、店員さんから教えてもらう話もあるんですが。

 

けっこう印象に残ったものがいくつかあるので今回はそんなエピソードをご紹介。

 

MacWindows

ジョブズ復活直後の偉業とされるiMac一世風靡した当時。

そのルックスに興味を惹かれ「コレでWindows使えないんですか?」というお客が後を絶えなかったという話はまだ序の口。

買って帰ってMacOSというパソコンだということに気が付いた人すらいたんだとか。

 

今ではMacWindowsを使うなんて冗談みたいなことがホントに実現していますが。。

 

f:id:dmaiden:20190310210517j:plain

 

ー説明しても分かってもらえないお客ー

WindowsXPがとっくに主流になっていた当時、友人が電話をかけてきて「98のOSのソフト持ってたよな、貸してくれる?」注・違法行為です!)

 

「そんなもんもうないし、なんで今更98なん?」

 

そこで話を聞くと事の始まりはその友人の職場でのこと。

 

会社の事務に使っているWindows95のパソコンを「さすがに2世代も前のOSは古すぎる」と新しいのに変えようという話になったそう。

(厳密に言うと3世代前なんだけど、無かったことになってる幻のOSがあったからね)

 

家電店に行った代表の人は「WindowsXPソフトをください」と。

  (パソコン買いに行ったんとちゃうんかい!)心の声

 

店員さん「お使いのパソコンのスペック分かります?だいたい何年前くらいのとか?」

 

『そういう詳しいことは分からないけど』

 

店員さん「いまお使いのパソコンはWindows98ですか?」

 

『いや、95』

 

店員さん「えっ!それはちょっと古すぎますね。Windows98ならパソコン購入した時期によってはアップデートできなくもないですけど。」

 

『そうなの』

 

といったんは帰ってきたそう。

 

後日、職場で家電店の店員さんに言われたことを報告して論議を尽くし、またお店に向かった代表の人は「Windows98とXPのソフトをください」と。。

 

当然98なんてもう置いてないし、方法論自体がメチャクチャすぎます。

そこでまた後日、職場で論議をしているところで

 

「友達で95から98にアップデートした奴がいた。その友達から98のソフト借りてきますよ!そのあとXPにアップデートしたらいじゃないですか」

 

それは名案!! となったそう。。

 

「おまえら職場でどんな会話しとるんや。。。」

 

ちなみにその友人の務める会社は某大手家電メーカーの総務グループ。

ウソではない。

 

 

ープレゼンじいちゃんー

当時務めていた会社の目の前にあった家電量販店。

暇なのか話相手がほしいのか、いつも姿を見る歳のいったおじいちゃんがいた。

 

いつも決まった若い男性の店員を捕まえて新商品のプレゼンをさせていたんだけど、もちろん買う訳ではなく暇つぶし。

商品はテレビからDVDプレイヤー、洗濯機、炊飯器とno boundary。

 

とにかく、その場でじいちゃんの目についた新商品を何が新しくなったか、目玉機能は何なのかをプレゼンさせる。

 

備品を買いに行ったとき、いつもほぼ確実に「あ、またあの店員さんプレゼンじいちゃんに捕まってる!」って感じだった。

 

いちど「今日は〇〇君おらんのか?」と他の店員さんに声をかけ「今日は休みです」と言われるとトボトボと帰ってたけど。

 

その後もプレゼンじいちゃんの来店は長く続いていたが、いつしか相手をしていた店員さんの姿は見なくなった。

転勤させてもらったのかなと思いきや、数週間後、自分の住んでる近隣の別の家電店の店員さんになっているのを目撃!

転職した理由は定かではない。(笑)

 

もうかなり昔の話なので、おじいちゃんはお亡くなりになっていると思うけど、あの世でも家電のカタログ握りしめてるのかな。。

 

 

ー思い込みで怒り心頭の客ー

日進月歩の世界で次々に新商品が生まれ、何ができて何ができないのか、分からない人にとってはますます謎になり、その上これからは高齢化社会

そんなわけでこれから類似したトラブルは確実に激増するでしょう。

そう考えると単純に笑い話では済まないですが。。

 

f:id:dmaiden:20190310210656j:plain

 

例えば、Windowsのタッチパネル対応ノートはもともと液晶がタッチパネル対応モデルでないと利用できません。

理屈が分からず、後付けでタッチパネル化できると思い込んでいる人もけっこういたのだとか。

タッチパネル非対応モデルを購入した後に「タッチパネル便利だって聞いたからペン欲しい」と来店する人もけっこういたそう。

 

そこで説明して理解してくれたらいいほうで「そんな説明は受けてない!」と怒り心頭で騒ぎ出す人もいるのだとか。

 

―小学生の時のエピソードー

小学生のとき、フィリピンから短期ステイで友達が遊びに来た。

同学年だったフィリピン人の友達はとにかく日本の科学水準が高いことに驚いていて、なにをするのにも珍しがって驚いていた。

自動券売、自動改札、自動ドアとなんでも自動だから、そのうち日本では自動でできないことはないと思い込む。

 

ある日、電車で出掛けたとき、自動改札に入れたキップを取らずに電車に乗っていて、降りる際にキップをどうしたのか尋ねたら「乗ったとき器械に入れたよ」と。

 

自動改札器には入れたけど、その場でキップが出てくるということが分からなかったらしい。

降りる駅でまた自動で出てくるか、なにかアメージングなことが起こるんだろうと考えていた。(笑)

 

ー分からない人にとっては同じことー

今では車の自動運転とか鉄腕アトムの世界が実現してきてるような世の中なんだから、家電やPCの話も分からない人にとっては全くこれと変わらない話になるわけですよ。

 

とか、気を回しつつも、あまりクドクドと説明すると

 

「そんなこと分かってるよ!年寄りだと思ってバカにしてるか!」

 

みたいなケースもあったりと。

 

矢面に立つ店員さんはたいへんですね。

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp

ヘッドホン@SENNHEISER HD-25

こんにちは。

 

新しいヘッドホン買いました。

SENNHEISERゼンハイザー) HD-25 

f:id:dmaiden:20190321171029j:plain
 安物っぽいという人もいるけどカッコイイと思うよ!

f:id:dmaiden:20190321173415j:plain
スプリットヘッドバンドは自由に角度調節できる

 

室内ではこれまでSHUREのSRH-440を使っていましたが、ヘッドバンドの内側の生地がパリパリに剥がれてきて髪にくっついているのに気が付かなかったり。。(笑)

 

f:id:dmaiden:20190321171114j:plainSHURE SRH-440 安いけど音の評価は高い

f:id:dmaiden:20190321171131j:plain
パリパリに剥がれて。。

どうせ家用なんでロードバイクに使うバーテープ巻いて隠しもいいんですが、新しい音を楽しんでみたいなという欲求もあって買い求めました。

 

ーヘッドホンの音には個性があるー

まだ使い始めて間もないです。

 

30年以上ものロングセラー名器なんで音は言うに及ばずですが、なかなか面白いというか噂どおりロックをノリ良く聴くにはホントにいい感じです。

 

自分はヘッドホンで聴くときってドラムの左右のパンニングを聴くのが楽しくて気にしているポイントなんですが、コレは非常に気持ちいいです。

SRH-440はシンバルの音がけっこう刺さったけどHD-25は刺さらない。

 

純粋なモニターヘッドホンとしては使いにくいって意見もあるけど、エフェクトのかかり具合とか意識しなくてもよく聴き取れます。

 

リスニング用途でも音の分離がいいタイプが好きな人にはもってこいだと思います。

 

印象的だったのはロック以外のしっとりした雰囲気の曲でのバスドラやベースの音がリアルで楽しいこと。

例えばSadeシャーデー)のライブアルバムなんか聴いていてそう思いました。

 

Lovers Live (Live)

Lovers Live (Live)

 

女性のボーカルも刺さらないです。

 

ドンシャリと言えばドンシャリ気味なんですが、ミッドレンジもしっかり厚みがあるので嘘くさい低域ドスドス高域シャンシャン系じゃないです。

 

楽しく曲を聴けるヘッドホンであることは間違いないと思います。

 

イコライザーはオフにして聴いてみてー

普段iPodなどのミュージックプレイヤーでイコライザーをRockとかにして聞いている人はHD-25の時はいちどフラットかイコライザーオフで聴いてみてください。

そうすると本器の本当の良さがよく分かると思います。

ドンシャリと一言でかたずけられるほどの典型的なドンシャリじゃないと思います。

 

ヘッドホンの音に正解ってないですが、ほんとにメーカー・機種によって音の個性がいろいろあるので試してみると面白いですよ。

今まで聴いていて楽しくなかった曲が楽しく聴けるようになるってこともあるので。

 

安いもので聴いているときには気が付かなかった音にも気が付くようになって感動した!というのもよく言われることですが。

 

ーハイエンドモデルもいいけれどー

ヘッドホンに関しては今までハイエンドモデルには手を出したことがありません。

こうやっていろんなものを聴いていくなかで、じっくりと使ってみて気が付く個性やクセがあるし、そのうち自分の好みも変わっていくから。

耳で聴くことのほかに脳で聴くって部分もあります。

 

後になって「なんでこれがいいと思えたんだろう?」ってのは正直あります。

買った直後に「あ~失敗だったわ!」てのもあるし。(笑)

 

f:id:dmaiden:20190321174207j:plain

DJモデルだけあって左側は跳ね上げが可能(前後どっち側にも動くよ)
 

 

ー音以外の使用感ー

HD-25のちょっと変わってるところはコードが右側の片出し

これはDJ卓のヘッドホンジャックが右側にあるからなんだって。

 

あと巷でよく言われる側圧の高さは自分の場合、2時間連続使用して耳の付け根部分の圧力が気になってきました。

けっこう弱くなるとも言われていますが購入直後の側圧は高めなのは事実です。

ちなみに頭のサイズはLのバイクのヘルメットだと大きすぎてMでした。

 

どうしても側圧の高さが気になる人は購入した時の箱に被せておくとちょうどいい感じになりそうです。

ティッシュのボックスでは緩くなるまでかなり時間がかかると思います。

 

側圧+ヘッドバンドで装着するタイプで非常に軽量なため、ヘアスタイルが崩れるのを嫌う人は他のヘッドホンよりはマシだと思います。

 

部分交換できるパーツやイヤーパッド・ケーブルなどの社外品アクセサリーが多いことも30年以上のベストセラー商品ならではというのは有名です。

数年前までは現在のほぼ倍の価格だったので、1万4千円ほどの価格でこの名器に触れられるのは素晴らしいですね。

 

 

参考までに、この人今までヘッドホンに軽く1千万くらいはかけてきたんじゃないかと思うヘッドホンレビューのサイトがあるのでご紹介しておきます。

hebiheadphone.konjiki.jp

 

 

<HD-25は偽物が多く出回ってます!>

最後にHD-25は主にネット販売でかなりの偽物が出回っているようです。

Amazonが販売・発送するものなら安心できると思いますが、マーケットプレイス品の場合は出品者の評価などに注意してください。

 

通販ならサウンドハウスがヨドバシやAmazonの価格をしのいでお買い得。

僕も今回はサウンドハウスで購入しました。

知らない人のために説明しておくとサウンドハウスは通販でヘッドホンの価格破壊を実現して今や音響関係全般を扱う有名な通販業者さんです。

 

www.soundhouse.co.jp

 

Amazonはこちら

 

新年度に新しいヘッドホンを楽しんでみるのもいいですね。

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp

Googleマップがリニューアル@高速・一般道の音声切り替えはぜひ実装してほしい!

こんにちは。

 

今月初めの予告されていたGoogleマップのリニューアル。

 

Engadget 日本版より

japanese.engadget.com

 

オフライン地図が使えたり、徒歩ナビが進化など。

UIも最近ちょこちょこと変化していましたが。

 

どんどん使いやすく便利になってGoogleさんにはいつも感謝することしきりです。

 

予告通り間もなくリニューアルされるはずですから楽しみにしておきましょう。

 

 

 

さて、そんな新しい機能が目白押しのGoogleマップなんですが、「この機能あったらいいのにな」と自分が昔から常々切望していたナビ機能で未だ実装されていないものがあるんです。

 

f:id:dmaiden:20190316174809j:plain

 

Googleマップに絶対必要な機能!!ー

それはルート案内中の高速・一般道切り替えの操作を音声認識で行える機能。

 

「高速で行く」「一般道で行く」「一般道に変更」「阪神高速は回避」など、音声認識で受け付けてくれる機能があったらとても便利だなと思ってきました。

 

車をよく運転してる人なら絶対に欲しい機能だと思うし、できないことじゃないと思うんだけどな。

 

ー例えばこんな時ー

最初に高速と一般道の到着時間の比較をしたい。

「この時間帯の高速は混んでいて一般道を使っても大して時間は変わらない」

こういうことが分かっているルートがあるとします。

でも一般道ルートも不測の渋滞が多く、しかも逃げ道がない。

 

こういうシチュエーションで高速・一般道の両方の到着時間を素早く比較してルート決定するために音声認識で指示できるようになると非常に便利だと思ってきました。

 

むしろ、音声認識なんてこういう事にこそ利用するべきなんじゃないかと。

 

ー早いルートだけが正解ではないー

「高速道路を利用すると20分時間が短縮されます」と早いルートを提案してくれる機能は既に実装されているわけですが、ナビを利用するうえで早いルートで行くことだけがドライバーの望みではないことも多々あります。

 

例えば、到着時間を睨んで無駄な高速利用を避けたり、「一般道で走って途中のマックでコーヒー買いたいな」とか、ドライバーは走りながらいろんなことを考えている。

ドライバーの頭の中はGoogleさんには分からない。

 

ールートが分かっていてもナビを利用する場合もある ー

「〇〇に寄りたいんだけど寄り道したらどのくらいの時間になるのかな?」とか、ルートは分かっていてもリアルタイムの道路事情と寄り道した場合のタイムロスを考える参考としてナビを活用することはよくあります。

 

そういう訳で最も早いルートだけが正解じゃないし、ルートが分かっていてもナビを利用するケースも多々あると思うんです。

 

ー経由地設定は案外使わないー

経由地設定の機能はあるけど運転中にめんどくさくてやってられないし、経由地の正確な名称や住所など分からないこともシチュエーションケースとして多いです。

 

「あっ、あそこ寄りたいな」でGoogleさんが分かってくれたら別ですが(笑)

 

旅行の計画を立てるように事前にじっくりと考えてナビを操作するなんて、日常のなかではなかなかあり得ないケースですよね。

 

f:id:dmaiden:20190316181458j:plain

 

 

ーもっと発展してー

ただ単に「高速道路」という括りでなく「阪神高速」「名神」「近畿道」などの呼称にも対応してくれたらさらに応用も広がる。

 

車で走っていて寄り道なんてふと思いついたりすることもあるから、画面を触って操作するとなるとレスポンス良くないんですよね。

安全上の理由は言うまでもないけど。

 

 

ということで音声認識でルート変更の指示が可能になることは、ナビの利便性のポイントとしてかなり重要になってくると思うのです。

 

まずは高速・一般道の音声切り替えからだけでも。

ぜひ実現してくださいGoogleさん!!

お願いします!!

 

Google Japan Blogより

japan.googleblog.com

 

☆★関連記事 ☆★

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp