なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

AdFilterで快適Web閲覧

今まで知らなくてホントに損していました。。

AdFilter - 広告ブロック

AdFilter - 広告ブロック

  • Shinichiro Yamazaki
  • ユーティリティ
  • 無料

 

コンテンツブロッカーの効果がすごかった!

コレはホントにすごい。しかも無料です。

鬱陶しい広告が出なくなるだけでなく表示速度も格段に速くなります。(ポップアップ広告コンテンツのあるサイトの場合)

 

使用ブラウザはSafariiOSは最新での使用状況です。

 

最近ニュースコンテンツでもポップアップ広告が出てくるサイトがありますね。

本当にアレ鬱陶しいですが、多くの自分の巡回サイトではほとんど駆逐されました。

場合によってはサイトごとの設定を行う必要もあるそうなのですが、まだ使い始めてからほんの数日ですが、いまのところ個別の設定を必要とする場面には遭遇していません。

 

過去には別の広告ブロックアプリを使用していたことがありましたが、元のコンテンツの表示に影響を与えたり、なにかと挙動が不安定だったりしたので使用をやめてしまいました。

このAdFilterは神アプリと評価されるだけあってその効果はかなりのもの。

表示速度まで明らかな体感が得られるほど早くなったのには驚きました。

 

導入方法は至って簡単!

APPストアでダウロードしたのちに

設定 > Safari > コンテンツブロッカー

からAdFilterを有効にするだけ

 

Safariのデフォルト機能にも広告ポップアップのブロック機能があるのでアレでダメなものはダメなんだと諦めていた人。

ぜんぜん違いますよ。

Windows7サポート終了は

Windows7サポート終了に関してWeb上で検索すると、かなりの数で目につくのが「それはMicrosoftやパソコンメーカーの都合のいいウソ!」のような情報です。

逆にMicrosoftやパソコンメーカーは買い替えを強く推奨しています。

 

さて、どちらが正しいのでしょうか。

 

というのはあまりにも短絡的なものの見方だと思います。

 

f:id:dmaiden:20200114203421j:plain

 

自分はパソコン関係の専門家ではありませんからWindows7の使用を続けることによって起こる具体的なリスクなど説明しろと言われてもできません。

 

自分が専門家でなければ自分の使用状況を考えて情報を忖度するしかないでしょう。 

自分で立証も反証もできなければ、どちら側の言い分を選択しても絶対に正しい答えというものなどない、というか鵜呑みにしても意味がないからです。

どちらが信じるに足りるかというより、どちらを信じた場合に自分にとってのメリットが多いのか、またはリスクが少ないのかという事のほうが大切だと思います。

 

例えばWindows7を使い続けてもリスクは無いと主張している人の言い分も無条件でセーフと言っているのではありません。

ある程度の知識があってこそだからです。

そこを理解しないで買い替えの必要などないと信じてしまうのは意味がないことだと思います。

 

 

ですので知識が無い人は同じ素人の立場から買い替えを推奨します。

 

Windows供給元としてのマイクロソフトの戦略やカラクリならいくらでも解説できますが、供給元がサポート終了としたOSの使用を続けることの是非など到底判断できません。

 

悲しいけど、これが現実です。

ビル・ゲイツ劇場は難攻不落なのです。