なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

「最後の回線が利用できなくなりました」「NFCタグが検出されました」@iPhoneからのメッセージ

こんにちは。

 

自分のiPhoneXRで「どういうこと?」って不可解な通知が表示されました。

 

1.通常の待ち受け通知で

NFCタグが検出されました

f:id:dmaiden:20190219223349j:plain

 

2.電話を掛けようとすると

最後の回線が利用できなくなりました

残存する回線で通話しますか?

 

f:id:dmaiden:20190219222902j:plain

 

特に2はちょっとビビりましたよ。(笑) 

 

「最後の回線」ってのも「残存する回線」も意味不明。。

怖いよ~ (笑)

 

とりあえず何が起こってどういう状況かも分からないので電話を掛けることができません。

 

僕の場合、1も2もほぼ同じタイミングで発生し始めたのですが関連性はないみたいです。

 

《現状の回避策の有無》 

結論から手短に言うと。

  1. に関しての原因はNFCチップが組み込まれたカードに反応しているせいですが、現状での回避策はありません
  2. に関しては発生する根本的な原因がナゾのままですが、解決策があるのでここから説明していこうと思います。

 

f:id:dmaiden:20190219222902j:plain

 

これはSIMがひとつしか入っていないiPhoneでも別のSIMが入っていると端末が誤認してしまっている状態です。

 

解決策は端末によってアレとコレで治ったとか、コレだけで治ったという個体差みたいなものがあるようですが、基本的にほぼ改善できる現象です。

 

《試してみること》

  1. 電話の履歴を全て消去する
  2. 標準アプリ「連絡先」のなかに入っている連絡先の中から誰でもいいので表示→右上の「編集」→編集の中に表示されている項目から「主回線を使う」を選択。

ほとんどの場合はこれでOKのはずです。

2の手順の「主回線を使う」を選択するとその項目は以後表示されなくなります。

(なのでスクショがありません)

 

ちなみに1も2も当初のAppleのサポートセンターからの回答は「事例として全く情報のないケースです。iPhone本体の故障の原因が極めて高いと思われますので、修理に出されることをお勧めします。」(←この回答、全く正しくありません)

 

と、ことさらレアなケースであることを力説されたのですが、その後立ち寄ったauショップの親切な店員さんのお陰でその場で解決しました。

 

ありがとう!あの時の店員さん!!(^^)/

 

 

原因が分からなければ電話を掛けられない状態(「残存する回線」で通話して問題ないか分からない)ってことを配慮してくれてすごく親切に対応してくれました。 

ちなみに解決に至った上記の情報は結局Appleサポートセンターのスペシャリスト(要するに上席みたいな人)が持っていた情報。

 

そこにたどり着くまで「ああでもない、こうでもない」でしたが、どちらの問題もAppleが認識している事案で対策を検討中であるとのこと。

 

他の会社のサポートセンターでも話が二転三転することは経験済みだけど。。

 

参考までに1のNFCというのは、お財布ケータイ機能などに対応しているNFCチップが埋め込まれたカードにiPhoneが反応しているために起こる現象で、カードが入っている財布と携帯を重ねると起こる場合が多いです。 

まるでバグっているかのように連続してすごい勢いで表示され続けることもあります。

自分のiPhoneは12.1.4の最新にアップデートしていますが、購入時の12.1.2の時から今でもずっと起こっているのを確認しています。

 Appleでは反応を弱くするなどの検討をしているとのこと。

 

まあ、こういう機器のバグはゼロにするのは不可能なので、起こった時の対処をしっかりしてくれたらいいのですが、今回のケースでのAppleの対応にはちょっと疑問が残りましたね。

 

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp