なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

テレワークに絶対必要なセキュリティーソフトを考える

警視庁からも注意喚起 テレワーク増加を狙ったサイバー犯罪が急増の恐れ

《2020年6月18日更新》

コロナウイルスの影響でテレワークが急増している現況ですがそこで危惧されるのがパソコンのセキュリティー関連の事情。

現在テレワーク増加を狙ってサイバー攻撃も増加し警視庁からの注意喚起も行われています。

 

独立行政法人情報処理推進機構」より

www.ipa.go.jp

 

セキュリティーソフト使ってない人なんているの?!

と考える人もいると思いますが現実にはたくさんいます。

意識する人と無頓着な人との乖離が激しい現象のひとつがパソコンのセキュリティー対策です。いわゆる正常性バイアスですね。

セキュリティーソフトなんてパソコンを買ったときに入っている無料1か月版とか以外は使ったことがないなんて言う人は本当にザラにいてるから、テレワークではそのへんに気を付けておかないと心配です。

 

Windows10のディフェンダー機能では十分とは言えない 

実際に自分は、外部メディアでもメールのやり取りにおいても、セキュリティーソフトのおかげで難を逃れたことが幾度かあります。 

 

なので尚更セキュリティーソフトの必要性は強く言いたいわけですが、心配なのはWindows10になってからサードパーティー製のセキュリティーソフトは要らないという人が、意外と多く見受けられること。

その理由が「Windows10のディフェンダー機能が優秀になったから」ということなんですが、確かにWindows10のディフェンダー機能は従来までのWindows標準装備のファイアーウォールより優秀であることは事実のようなんです。

しかし、セキュリティー問題を語る上で、Windowのディフェンダー機能とサードパーティー製のセキュリティーソフトを同次元で語るのは少し事情が違うところがあります。

というのは世界中で圧倒的多数のユーザーがいるWindowsの標準機能だからこそ、そのセキュリティーホールを突いてこようとする輩が存在しているから。

だからこそWindowsの標準機能とは別のサードパーティー製のセキュリティーソフトを介しておくことで、より安全性が担保されるという理屈になるのですが、これはホントに過剰なことでも心配性すぎることでもないんですよね。

ネットにつないで何かするんであれば当たり前のこと。

 

実は今年の2月から1台増えたパソコンのセキュリティーソフトを何にするか思案中で、無料お試し期間で乗り継ぎしていました。

マカフィーリブセーブから初めて現在は4つ目のウイルスバスタークラウド

お試し使用経過 1.マカフィーリブセーブ 2.カスペルスキー 3.アバストプレミアム 4.ウイルスバスタークラウド(今ここ)

自分は素人なので専門的なことは↓のほうがよほど参考になることが書いてあると思うのですが、好奇心から今まで使ってなかったメーカーのものってどうなんだろう?と思って試し始めました。

 

「THE比較」より THE比較独自のお得なセールもあり

thehikaku.net

 

参考までにお試し期間の乗り継ぎで使用しているノートパソコンのスペックを書いておくと。

2016年製ThinkPad

CPU 第6世代CORE-i5 6200U

モリー 16G

ディスク SSD 250G(内使用領域70G、空き180G)※換装したSSD

 

これまで使用したことのあるセキュリティーソフトは覚えている限りでウイルスバスター、アバスト(無料版)、マカフィーノートン、ESET(現在のメインマシン)とあとずいぶん昔に使用したもので現在は無くなっているものもあったと思う。

マカフィーは20年以上ぶりくらいに使ってみてずいぶんと好印象だった。

 

メニューや詳細設定で分かりやすさの違いがある

上にも書いたように試用期間乗り継ぎを始めて現在で4つ目なわけですが、使用感覚としてメニュー表記や詳細設定の分かりやすさに差があり大雑把に2つの体系があると感じました。

それは初級者でも分かりやすいか、知識がないと分からないか。この2つに分かれます。

結論から言ってしまうと

<初級者でも分かりやすい>

マカフィーリブセーブ、アバストプレミアム、ESET

特にマカフィーが秀逸だと感じました。

<知識がないと分かりにくい>

カスペルスキーウイルスバスタープレミアム

 

特に詳細設定の項目になるとこの分かりやすさの差が顕著です。

例えば、初級者でも分かりやすいのは詳細設定の項目においても「○○を△△されないように□□する」と目的と効果が分かりやすいように説明された表記になっています。

逆にそうでないのは「○○を除外する」「○○に△△を含まない」と知識がないと何のことだか分からないという説明不足を感じます。

ウイルスバスターはそれほど専門的ってこともないですが、マカフィーやアバストみたいなチュートリアル方式や提案方式はないので初心者ではどうかな?というのがあります。

分かってる人にはチュートリアルや提案はおせっかいになることもあると思うけど。

 

重さの違いは

正直なところ、自分が普段よく使うアプリケーションを使用していて、このセキュリティーソフトの時に重かったな~というのはあまりありませんでした。

強いて言えば、自分はインターネットブラウザはGoogleロームですが、カスペルスキーを使用している際に普段巡回しているサイトでも体感できるレベルで表示が遅くなる場合があった。

ただ、ブラウザ以外のプログラムで早い、遅いの明確な差は感じなかったので、カスペルスキーの場合はブラウザでより厳重に安全性のチェックが働いているのかなと想像します。

 

セキュリティーソフトを選ぶポイントは自分の知識レベルに合ったもの

正直なところ、現在販売されているセキュリティーソフトでこのメーカーを使っているときにウイルスやマルウェアにやられた!というような話はほとんど聞いたことがないので、そう考えるとセキュリティーソフトを選ぶ際の決め手として考えるべきポイントは自分の知識レベルと合っているものを選ぶべきではないかとも思うのです。

the比較でも同様の趣旨に感じられることが述べられています。

 

使用端末数のライセンスにも注目すべし

セキュリティーソフトを利用する上でランセンス台数や使用条件にも注視するべきだと思います。

例えばライセンス台数はESETだと1台ライセンスで別のパソコンへの乗り換えは可能になっているので、パソコンを買い替えた時に古いパソコンを使用しないのなら新しいパソコンに移し替えることが可能です。(新しいパソコンにはWebからダウンロード)

しかし最初にインストールしたパソコン以外は新しいライセンスが必要になるメーカーが結構多いので、例えばライセンス台数が1台版に限らず複数台版でもパソコンやスマホを買い替えた時にライセンス数オーバーになるシチュエーションが起こります。

1年版とかの短い期間のものだとあきらめもつくかもしれないですが、3年版とかの長い期間のものを利用している場合はムダが大きくなるので注意が必要です。

例えばパソコンだけでなくスマホを頻繁に買い替えることが多いとか、家族分のパソコンやスマホの台数も考えないといけないというような場合は現在使用している端末数×倍の台数分を考えておかなければいけない状況は容易に起こり得ると思います。

 

例えばマカフィーは1世帯の家族間だとランセンス台数の制限はないのでパソコンやスマホ台数が多い場合は結果的に安上がりになります。(それぞれのパソコン・スマホに個別にインストールできます)

 

個人的におすすめできないメーカーはあります

ズバリ言いますが、これはノートンです。

もう何年も前から有名な話になりますが、セキュリティーソフトの性能としては評価が高いですがビジネスの手法として実質的なユーザー騙しを行っているからです。

簡潔に言うとノートンのソフトウェア上から通知がくる自動継続更新を行うととんでもなく割高な価格で更新されてしまうからです。

詳しくはこの過去記事を参照してください。検索したら他にも情報が山ほど出てくると思います。

法には抵触しないとしても過去よりかなりの批判が起こっているなかでこういうことを続けている会社は自分は信用できません。企業リテラシ―が低すぎると思います。

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

後から泣き言を言っても始まらないのがセキュリティー対策なので、最低限の備えとしてセキュリティーソフトの導入はやっておきたいですね。

 

《2020年6月18日追記》

メインマシンで使用中のESETの最新モジュールアップデート後にネットワークの脆弱性が発見される

メインマシンに入れているESETの最新モジュールのアップデートが来たのでインストールしてみたら、さっそく「ここをチェックしろ!」みたいなポインターが点滅してた。

そのメニューを見てみると、ネットワークの脆弱性のチェックだったから、ESETのプロシージャ―通りに一通りのチェックを実施してみた。

その結果、「ルーター脆弱性があり」ということで、進んでいくとプロバイダの管理画面がブラウザで表示される。

しかし、素人にはなんのことだかさっぱりと分からないメニュー内容なので、プロバイダであるauに電話して事情を説明してみると、「確かにいま確認用の信号を送ってみたのですが、どうも機器の調子が悪いようですね。」と。

その結果、新しい器械(インターネット回線契約したらプロバイダから送られてくるヤツ)に交換してくれることになったので、ソレに変えた時のことはまた後々更新しようと思う。(同じ機種なら無料、最新の機種なら3300円ということで、最新器種を選択)

 

ちょうど年明けくらいから、接続が途切れたり、ネットワーク上のプリンタが行方不明になったりすることが何度かあって「おかしいな・・・」と思いながら使っていたけど、他のセキュリティーソフトのネットワーク検査ではどれも「問題なし」としか出てこなかった。

ESETの最新モジュールでかなり優秀なアップデートが行われたということなのかな。