なんでもメモ!

「はてな?」や「なるほど!!」の情報掲載 職業カメライターのヒマ潰しブログ。時には趣味のことも。

現状を素直に受け入れ過ぎのケータイ料金論争

こんにちは。

 

f:id:dmaiden:20190525101544j:plain

これまでにも何度も登場した携帯・スマホ料金のお話。

つい先日解約料の上限が1000円にという報道が出たばかりですが、さっそくこんな記事を目にしました。

 

どこかで必ずこういう記事が出るだろうとは思っていました。

Engadjet日本版より

japanese.engadget.com

 

極めてシンプルに要約すると論議が性急すぎてキャリアもユーザーも混乱を来す」

という内容になっています。

 

率直な感想を言うと筆者のスタンスは通信キャリアのロジックありきな考え方になっていて、それでは以前から続いてきた「政府vs通信キャリア」のいたちごっこの根本の原因を理解できていないのでは?と感じてしまう。

 

自分は筆者のような考え方を”日本的現実主義論”と呼んでいて「なんだかんだと動いてみても実質はさほど変わらない」結果を招く最大の要因だと考えています。

おそらくこれまでの有識者会議でもこういう主張が最終的なゴールを見据える有力意見として幅を利かせていたことは想像に難くない。 

 

今回は自分の主張を理解してもらいやすいように各文脈から引用して説明していきたいと思います。

 

 

 

ー 議論の根本が通信キャリアのロジックにはまっている ー 

<引用1>

(これまで)導入するまで一年弱から1年半の猶予期間が置かれていた。しかし、今回の省令改正が、即時対応となれば、現場は大混乱しかねない。

<引用2>

すでにNTTドコモKDDIは、総務省の「完全分離プラン導入」という意向を受けて、新しい料金プランを6月からスタートさせている。

<引用3>

ある関係者は「総務省の議論が後手後手すぎて、スピードの速いスマホ業界に全くついていけていない」と厳しく指摘する。

ということなのですが。

端末代金においても毎月の通信料金にしても、そもそも現状の様に複雑にする必要がなく、もっとシンプルであって然るべき。

 

スピードの速いスマホ業界」というのは通信キャリアがわざわざ複雑怪奇な料金体系を作り出しユーザーや有識者からの指摘を次々と目くらましのようにかわしていくための策であるのに、なぜその通信キャリアのやり方に軸足に据えて考えるのか?

 

なおかつ、複雑怪奇にすることにはこれまで超スピーディーに動いてきた通信キャリアがシンプルに分かりやすい料金体系を作り出すことに何故そんな悠長に時間が必要になるのか。

 

至る所がパラドックス祭りになってしまっている。

 

利用するサービスの対価としてお金を払う行為を複雑にする必要は”そもそもない”のである。

 

通信キャリアの作り出した複雑怪奇な料金システムは昔の生命保険会社が行っていたトリックと何も変わらないのになぜその指摘をサボって「スピードの早いスマホ業界」なんてロジックに与するのか。

シンプルで分かりやすい料金システムにするという要求を毎回いたちごっこでかわしてきた結果が総務省の議論が後手となっている現実なのです。

そりゃ後手になるでしょうよ。

作った当事者でなければ理解するのも大変な奇天烈・複雑怪奇なシステムなんですから(笑)

 

昨年、菅官房長官が「通信費4割下げろ」と要求した際「具体的な内容に触れずただ4割は横暴」のような指摘も多くありました。

官房長官があえて「4割下げろ」とだけ言ったのはこれまでのように指摘されたことには巧みに網の目を潜り大して変わらない結果になることは避け、ユーザー目線で本質的に安くなる結果だけを求めてあえて具体的なことには触れず「4割下げろ(できないわけがないのは分かっている)」ということなのです。

総務大臣を経験して通信業界を知り尽くしている菅官房長官ならではのやり方です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参考】この記事の要約1~4を参考にしてください

 料金プランの妥当性に関して、通信3社の主張は本当に信用できるのか?

nandemomemo.hatenablog.jp

  1. 大企業の利益率が平均6パーセントなのに対して、通信3社は20%の超高利益率
  2. 通信キャリアが国に支払う電波利用量は値下げが続いている
  3. MNP乗り換えキャンペーンの最盛期には1人に10万円ばら撒き
  4. (補足)電波は国民の財産であると同時に、電気・ガス・水道と同等の公共ライフラインである

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 これまでの部分をまとめると

<引用1>

(これまで)導入するまで一年弱から1年半の猶予期間が置かれていた。しかし、今回の省令改正が、即時対応となれば、現場は大混乱しかねない。

これに対しては。

混乱しないようにシンプルな料金プランにすればいい。

 

<引用2>

すでにNTTドコモKDDIは、総務省の「完全分離プラン導入」という意向を受けて、新しい料金プランを6月からスタートさせている。

これに対しては。

通信キャリアが姑息ないたちごっこを続けるのであれば本当の意味でユーザーにメリットが出るように何度でもやり直させればいい。

 

<引用3>

ある関係者は「総務省の議論が後手後手すぎて、スピードの速いスマホ業界に全くついていけていない」と厳しく指摘する。

これに対しては。

後手にならなくていいようなシンプルでユーザーに向いた料金プランにすればいい。「ついていけない」のは通信キャリアの周到で姑息な手法のせいなのだから本質を見誤ってはダメ。

 

 

次に解約料の妥当性について考えていきたいと思います。

ー 料金プランの基本設計は本当に通信キャリアの言う通りなのか?ー

<引用4>

関係者によれば「新料金プランは当然、解除料が上限1000円ということを考えて設計していない。秋に対応するのは無理に等しい」

 <引用5>

新料金プランは、解除料9500円を前提に作られているため、解除料が1000円以下となれば、それに見合った料金プランに作り変えなくてはいけない。

ということになっていますが。

この2つにおいては本当にツッコミどころが満載なわけでどこから指摘しようかと思うくらいなのですが。

 

通信キャリアが主張している「解約料」というのは契約(使用)を続けてくれるという前提に立ってユーザーにお得なプランを提供しているというのが建前ですが本当にそうでしょうか?

新しい情報では総務省が当初キャリアに提示いていた解約料は4000円〜5000円だったというのもあります。

 

Engadjet日本版より

japanese.engadget.com

 

ですが1000円にしろ5000円にしろ解約料を考慮して料金プランが組み立てられているなんて話自体が著しく信憑性が低いのです。

 

これを参照してください。

  1. 3社はほぼ横並びの料金体系を続けてきた
  2. 3社とも同じように「縛り」を設けてきた
  3. MNP乗り換えキャンペーンの最盛期には10万円ばら撒きを行っていたが結果的に3社のユーザー推移は増えもしないが減りもしなかった。(流動層は全体から見ればほんの一部で結果的に3社比率はほぼ変化なし)
  4. 大企業の利益率が平均6パーセントなのに対して、通信3社は20%の超高利益率を維持し続けている

 

この4つをまとめると結局のところ流動的なユーザーはそんなに数多く存在していないことが分かります。

なのに3社横並びの料金・サービスを続けている状態で他業種の大企業と比較してあり得ないくらいの高収益を維持できているのです。

 

ここから何が見えるでしょうか?

 

通信キャリアは競争しなくても高収益が見込める体制がバッチリできているということです。

「長く続けてもらえるならサービスします」というのは聞こえがいい建前で、そうでなくとも通信3社では超高利益率を維持できる見えざる手が働いているということです。

 

健全な競争が働いている市場では業界内の主要な企業が一様に同じサービスや料金体系を維持したまま高収益を上げ続けるなんていうことは市場原理から考えても非常識というかあり得ない話です。

世の中の飲食店が一店も潰れずに儲かり続けるのと同じです。

そんなことはあり得ません。

 

今後、通信キャリアが〈引用4.5〉のような主張を繰り返してくるのであれば業界内の自浄作用なしと考えるのが妥当でしょう。

商売の道具としている電波は公共インフラであるということを考えてユーザーもそれを意識した目で注視しなければいけないと思います。

今、世界中で叫ばれているSDGs〈持続可能な開発目標)の観点からも国民の誰一人として切り離せない公共インフラを限定された大手3社が暴利を貪る道具にさせておくのは絶対に許してはいけないと思います。

 

そして最後にこんな疑問を呈しているのですが。

<引用6>

解除料がなくなることで解約しやすくなるのは間違いないが、一方で、「解約して乗り換えたいと思えるキャリアがどこまであるか」という点も疑問符が湧く。

 

ここはまさに通信大手3社の”健全な競争”が機能していない最大の問題点なのです。

10万円ばら撒きを行っても3社のユーザー比率は前後でそう大して変化はなかったという原因もここです。

 

結局のところ現状の日本のスマホ・ケータイの通信市場というのは『ユーザーとキャリア』が向き合っている状態ではなく、すべてのことが大手3社キャリアの健全な市場競争が働かない不透明な囲いの中でコントロールされている状況なのです

 

そういう観察の仕方を忘れてはいけません。

例えて言うならほとんどブラッドダイヤモンドの世界と同じです。

 

私自身は長く建設業界の慣例のなかで動いてきた人間ですが、通信キャリアの現状は正直に言って建設業界よりもはるかに醜悪なイメージに映ります。

 

 

【関連記事】

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

「民間企業への口だし」という疑問はこの記事ともうひとつ下の記事で

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

nandemomemo.hatenablog.jp

 

 

こんなブログもやってます。

osaka-bar-event.hateblo.jp